借金がある場合、生命保険金はどうなるの?

借金がある場合、生命保険金はどうなるの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

借金があっても生命保険に加入することはできるのか

借金があっても生命保険に加入することはできるのか

生命保険に加入する際には審査があります。
借金があっても、審査に通ることはできるのでしょうか。

生命保険の申し込みには、借金の有無は全く関係ありません。
借金がいくらあっても生命保険の加入には問題はありませんし、借金があることで加入を断られることはありません。
もしも借金の返済が負担になっていて、結果的に保険料の支払いができなくなった場合でも、生命保険会社に損害を与えることはないからです。

では、債務整理をした場合はどうでしょう。
債務整理をした方も、生命保険に加入することには何の問題もありません。
債務整理をしたことがあるかを問われることはありませんし、債務整理をしたことを知られたとしても加入できないということはありません。

というのも、生命保険会社と信用情報機関は全く無関係です。
生命保険会社が信用情報機関に加盟することはできませんし、信用情報機関が生命保険会社に情報を開示することもありません。
基本的に全く無関係な業種ですので、借金の有無や債務整理をしたことが生命保険の加入に影響することはないでしょう。

生命保険が強制解約されるケース

生命保険が強制解約されるケース

借金があっても債務整理をしていても生命保険に加入することはできますが、「借金があれば生命保険料の支払いができなくて迷惑をかけるから、加入できないと思っていた・・」という方もいるようです。

確かに、借金の返済と生命保険料の支払いは、行動だけを見れば似ているかもしれません。
しかし生命保険料は借金と違って、支払できなかったからと言って生命保険会社に損害を与えたり迷惑をかけることはありません。
ですから、生命保険料を支払えなかったとしても、借金の返済のように督促を受けることはありませんし、裁判を起こされることもありません。

「保険料が引き落としできませんでした」というお知らせを受けることはありますが、それ以上の取り立てのような行為はありません。、
ただし、何ヶ月も支払われなかった場合には強制解約となります。
強制解約をされた場合も、通知を受けるだけで特に罰則はありません。

『生命保険料の支払いがされなかった』→『生命保険の継続ができない』→『生命保険の強制解約』というだけのことです。

生命保険が差し押さえられるケース

生命保険が差し押さえられるケース

借金の返済が滞納して、結果的に財産の差し押さえを強制執行された場合、生命保険が差し押さえられることはあるのでしょうか。

一般的に借金の滞納で財産を差し押さえられる場合、給料や預金口座などが対象となります。
しかし生命保険の種類によっては、生命保険も差し押さえられる場合があります。

差し押さえの対象となる生命保険は積み立て型のもので、解約払戻金が発生する保険です。
この場合、差し押さえられた生命保険は解約となり、解約払戻金は生命保険会社から債権者に直接支払われます。

差し押さえの通知は裁判所から生命保険会社に送付され、生命保険会社から被保険者に『差し押さえで解約となる』旨が通知されます。

債務者が亡くなった場合、財産相続に借金は含まれるの?

債務者が亡くなった場合、財産相続に借金は含まれるの?

亡くなった方に借金がある場合、借金が財産に含まれることは知られていますね。
財産を相続した場合には、借金も一緒に相続することになります。
ですから、資産で借金を相殺することができれば問題はありませんが、借金の残高が資産を超える場合には相続しない方が賢明でしょう。

相続放棄の手続きは、民法915条第1項で、『被相続人が亡くなり、自分が相続人であることを知った時点から3ヶ月以内に、相続放棄申述書を家庭裁判所に提出しなければならない』としています。
相続放棄の理由として最も多いのが『相続する財産が債務超過のため』となっています。

被相続人が亡くなってから3ヶ月以上過ぎてしまった場合は相続放棄できませんので、被相続人に借金がある場合には相続人が借金の返済をしなければいけなくなります。
ただし、被相続人が亡くなったことを知らなかった場合は、『自分が相続人であることを知った時点』から3ヶ月ですので、亡くなったことを知った時点から3ヶ月となります。

また、借金があることに全く気付かず、3ヶ月以上経過してから貸金業者からの督促状で借金があることを知った場合は、すぐに弁護士に相談をしてください。

相続放棄をすれば生命保険金も受け取れないの?

相続放棄をすれば生命保険金も受け取れないの?

亡くなった親に借金がある場合、借金を相続しないために相続放棄をする場合が多いでしょう。
相続放棄をすると、基本的には一切の財産を受け取ることはできません。

では、故人が生前加入していた生命保険料の受取人が相続放棄をしていた場合、生命保険金はどうなるのでしょう。

実は、生命保険金は相続放棄をしていても受け取ることが可能です。
亡くなった親に借金があって相続放棄をした場合でも、生命保険の死亡保険金は受け取ることができるのです。

例えば、A氏の父親が借金を残して亡くなり、A氏が相続放棄をしたとします。
死亡保険金の受取人は、息子であるA氏です。

この場合、死亡保険金はA氏の固有財産となり、亡くなった父親の財産とは見なしません。
ですから、亡くなった父親の財産ではない死亡保険金を、A氏は受け取ることができるのです。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP