借金を減らすには?

借金を減らすには?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

借金を減らす方法

借金を減らす方法

借金を減らす方法と言えば、債務整理を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。
債務整理も借金を減らす合法的な方法の一つではありますが、借金は債務整理をしなくても返済をすれば減らすことができます。
当然のことですが、返済ができれば借金は確実に減っていくのです。

仮に、数千万や数億の借金を会社員に「返済しろ!」と言っても、それは難しいでしょう。
しかし一般的な会社員であれば100万や200万の借金を返済することは、それほど難しいことではありません。
債務整理はどうしても返済できなくなったときに利用する方法として、その前にできることをして借金を減らす工夫をしましょう。

借金を減らす方法

・債務整理
・おまとめローン
・収入を増やして返済に充てる
・支出を減らして返済に充てる

真っ当な方法では上記の4つが挙げられます。
中には夜逃げをしたり、借金を踏み倒すことを考える人もいるかもしれませんが、夜逃げや踏み倒しは効率が悪く、失敗すると非常に厄介なことにもなり兼ねません。
夜逃げや踏み倒しを実行するくらいなら、債務整理をすることをお勧めします。

債務整理には、利息をカットすることができる“任意整理”“特定調停”、元本を減額することができる“個人再生”、借金を全てゼロにすることができる“自己破産”があります。
申し立てをする際には、司法書士や弁護士に相談をしてご自身に合った方法を執ると良いでしょう。

次におまとめローンですが、おまとめローンは数社の借金を一本化することで月々の返済を軽くすることが目的です。
大きな金額で借り入れをすることになりますので、比較的低金利でまとめることが可能です。

また副業を持って収入を増やしたり、家計を見直して節約をし支出を減らすなどして、返済に充てる金額を増やす方法もあります。
ただし、勤務先によっては副業禁止の場合もありますので、注意が必要ですね。

利息を把握する

利息を把握する

借金の返済をする際、ただ漠然と入金していませんか。
それでは思うように借金が減らない場合も多いでしょう。

借金を返済する際には、常に目標を持ってください。
『年内にA社の借金を○○万円まで減らす』や『2年で完済する』など、具体的な目標があると良いですね。
その目標に向かって頑張るためには、常に残債がいくらあるかを把握する必要があります。

また、今月の入金から支払われる利息はいくらなのか、残債を〇〇万円まで減らすためにはいくら入金すれば良いのか、などを意識するようにしましょう。

借金には利息が付きます。
例えば、3千円の利息を支払わなければいけない場合、1万円を入金すると元本には7千円が返済されます。
具体的な金額を把握することが重要です。

そして、可能な限り利息の高いところから完済を目指しましょう。
利息が高い借金は利息が低い借金に比べて、同じ金額で同じ期間を経過した場合、高い利息を支払わなけえればいけません。
ですから金利の高い借金から先に完済を目指すことで、無駄に高い金利を長期間支払う必要がなくなります。

返済額の決め方

返済額の決め方

銀行のフリーローンやカードローンの場合は、毎月決まった金額が通帳から引き落としされ返済に充てられるでしょう。
しかしだからと言って、毎月定額の返済を続ける必要はありません。

カードローンの場合は引き落とされる返済額にプラスして、返済できる可能な金額をカードで入金することができます。
またフリーローンの場合は、ある程度まとまった金額が貯まったら窓口で繰り上げ返済を行うことが可能です。

ただし、銀行は比較的低金利のため、消費者金融からの借り入れもある場合には、金利が高めの消費者金融を優先的に返済すると良いでしょう。

消費者金融の返済は、カードで入金するのが一般的ではないでしょうか。
返済金額は、最低その月の支払利息を入金すれば督促をされることはありません。

しかし利息の入金だけでは、借金が減ることはありません。
消費者金融からの借金は利息が高いため、できるだけ優先的に返済することをお勧めします。

金利は、金融機関より消費者金融が高く、消費者金融では大手より中小の方が高く設定されていることが一般的です。
金利が高いところから優先的に返済することで、総支払額は確実に減額することができるでしょう。

借金を早く減らすコツ

借金を早く減らすコツ

借金を早く減らすためには、いくつかのコツがあります。
上記にもありますように、金利の高いところから優先的に返済していくことも、コツの一つになりますね。
さらに可能な範囲でなるべく返済額を増やし、時間があれば副業を始めることも検討しましょう。

支出を減らすことは重要ですが、ストレスになるほどの節約は一気に爆発する可能性もあります。
無理なく地道な節約を心掛けましょう。

そして生活に余裕ができたら返済に回し、しっかり残債を把握してください。
クレジットカードは持ち歩かないことです。
買い物をする際には予算を立て、目的のものを購入したら余分な買い物をしないように気を付けてください。

ギャンブル依存症や買い物依存症の可能性がある場合は、一人で悩まずに心療内科を受診して相談することをお勧めします。

借金を返済する際、常に残債を意識することは大切なことです。
残債が多い時には目を覆いたくなるかもしれませんが、確実に減っていく残債を見るうちに必ずそれが励みになります。
前向きに返済を続けるコツは、借金をしっかりと把握することです。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP