サラ金を利用した詐欺に注意!

サラ金を利用した詐欺に注意!

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

詐欺の手口

詐欺の手口

サラ金を利用した詐欺が横行しています。
確かにお金が絡む場面に詐欺は多く、お金が絡まなければ詐欺を働く意味などないでしょう。

①実態調査アルバイト

社会経験の少ない若者が狙われやすいのが、この詐欺です。
『実態調査を行いますので協力してください。謝礼は1万円。数分で終了します。』

こんなにオイシイ話しがあるでしょうか。
ほんの数分で1万円です。

サラ金に関する知識がない若者を対象に、サラ金の実態調査のためのモニターをするというアルバイトです。
実態調査は、サラ金に申し込みをしてカードを作ること、さらに借り入れをさせることが要求されます。

借り入れをしたお金は詐欺師が「返済するから」と言って受け取り、その中から被害者に謝礼を渡します。
しかし実際に詐欺師が受け取ったお金を返済することはないため、被害者は1回目の返済日にサラ金から督促の電話を受けて被害に遭ったことを知らされます。
アルバイトの依頼者とは、二度と連絡は取れません。

②おまとめローン詐欺

広告でも目にすることがありますが、『複数の借金をおまとめローンで一本化しませんか?』という誘い文句で多重債務者を対象とした詐欺があります。
おまとめローンを取り扱うサラ金は実際にありますし、全てが詐欺ではありません。
しかし中には、おまとめローンを利用した詐欺も存在することを覚えておきましょう。

おまとめローンの広告を見た人が申し込みをした場合、詐欺師は「審査の結果、こちらではあなたに貸し付けを行うことができません」と一度お断りをします。
そして「私共の紹介で別のサラ金から借り入れすることができますので、これから言うサラ金へ行って申し込みをしてください」と言います。

申し込み者は言われたとおりに別のサラ金に申し込みをして、お金の借り入れをします。
そして借り入れできたことを詐欺師に報告すると、「それでは紹介料を●万円振り込んでください」とお金の振り込みを要求します。

実はこれ、一切紹介などは行っていません。
申し込み者はただ申し込みをして審査に通り、サラ金に融資をしてもらっただけです。
それに対して「紹介をするから・・」と嘘をつき、「手数料を振り込んでください」とお金を巻き上げます。

このようなサラ金を利用した詐欺が横行していますので、注意が必要です。

1本の電話から始まる詐欺

1本の電話から始まる詐欺

今や個人情報はどこから漏れて、どこで売買がされているのか、個人情報を守るということが非常に難しくなっています。
ですから、そもそも知らないところから電話がかかってきたら、すぐに「怪しい」と思わなければいけません。
しかしその電話が自分にとって好都合な内容だった場合、思わず聞き入ってしまうかもしれませんね。

電話では“在宅ワーク”などの勧誘から始まります。
「では、一度お会いしてお話しをしましょう」まで話しが進めば、詐欺師にとっては8割話がまとまったも同然です。
会って話をするということは、その場から逃げることが難しく、ほとんどの方が結果的には説得される形で同意をしてしまうそうです。

日本人は特に、相手を邪険に扱うことができないため、遠慮しているうちに畳み掛けられるパターンが多いようです。
詐欺師は被害者を安心させるために自分の携帯電話の番号を教えて、携帯電話で連絡を取るようにします。

実際に会ったときには散々オイシイ話しを聴かせて、最終的には「在宅ワークのために100万円で器材を揃える必要があります」や「材料費の購入のために50万円借り入れをしてください」など、お金の請求をします。
在宅ワークでお金の請求がある場合は、十中八九詐欺だと思って間違いありません。

ここで詐欺師はサラ金にお金を借りに行かせます。
親切に月々の返済計画まで相談にのり、「在宅ワークで稼げるようになれば、あっという間に返済できますよ」などといい話を吹き込みます。
そして、お金を受け取ったら連絡が取れなくなってしまうのです。

被害者には「1週間後に器材が届きますので」などと嘘をついて、1週間は待たせるようにします。
その間に詐欺師は電話の解約をして、二度と連絡が取れないようにします。

サラ金を利用した詐欺の解決方法

サラ金を利用した詐欺の解決方法

サラ金を利用した詐欺は、ほかにも様々な手口で行われています。
悪質な出会い系サイトやギャンブルなどを利用し、巧妙にサラ金と契約させる手口は、常に表面はオイシイ話しで飾られています。
『オイシイ話しには裏がある』ということを肝に銘じる必要がありますね。

では、こういった詐欺に遭ってしまった場合、解決する方法はあるのでしょうか。

警察に被害届は出しましょう。
しかし警察が積極的に捜査をすることはできないかもしれません。

如何せん、こういった詐欺の場合、ほとんど証拠が残っていないケースが多いのです。
手元に証拠になるものはありますか。
無ければあまり期待はできないでしょう。

では、詐欺の被害に遭ったことを証明できなければ、サラ金で借り入れした借金はどうなるのでしょうか。
不本意ではありますが、返済するしかありません。

実際に自分の申し込みでお金の借り入れをした場合、詐欺に遭ったことを証明できなければ借金は自分の借り入れということになってしまいます。
「私は騙されただけだから!」と返済をしないで放置していると、サラ金に訴えられることもありますので、きちんとした対応をすることが望ましいでしょう。
返済ができない場合は、債務整理をするという方法もあります。

被害者にならないために

被害者にならないために

詐欺の手口は時代を追うごとに変化しています。
詐欺師もバカではないので時代に合った方法を考え、あの手この手でお金を搾取するのです。

今も尚、振り込め詐欺の被害者が後を絶たないのは、詐欺師が常に巧妙に手口を変えているからです。
サラ金詐欺も同様のことが言えます。

詐欺師は常に、現代の人が引っ掛かるであろう事を詐欺の題材に選んでいます。
『オイシイ話しには裏がある』という言葉を肝に銘じ、すぐに飛び付いてはいけません。
オイシイ話しが転がり込んだときには、冷静に考えて、誰かに相談をし、堅実ではないと判断した場合は詐欺である可能性も視野に入れる必要があるでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP