生活保護受給者でもキャッシングすることはできるの?

生活保護受給者でもキャッシングすることはでき

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

無職でキャッシングは可能か

無職でキャッシングは可能か

急にお金が必要になったときや予定外の出費など、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンがあれば便利に利用することができますね。
お金の借り入れはきちんと計画的に返済をすれば、怖いものではありませんし、悪いことでもありません。

現在、無理な返済や返済できない状況にならないために、貸金業法では『総量規制』が定められています。
総量規制では『年収の1/3を超える貸し付けを行うことはできない』としており、利用者の全体の貸付金額を制限しています。

ですから、年収300万円の人は100万円までの借り入れ、年収450万円の人は150万円までの借り入れが可能だということです。
ただし、貸金業法は消費者金融やクレジットカード会社を対象とした法律ですので、銀行は対象外です。
総量規制には、銀行からの借り入れは含まれないということですね。

では、無職の人が借り入れをすることはできるのでしょうか。
総量規制では『年収の1/3まで』とされていますが、年収がゼロの人は1/3もゼロですから、貸し付け可能な金額は『ゼロ』だということです。

また、総量規制対象外の銀行でも、収入がない人への貸し付けは行っていません。
ですから、無職の人がキャッシングをすることはできないということです。

しかし『無職でも貸し付けOK!』『無収入でもお申し込みください』などという広告を見かけることがあるでしょう。
このような文言を謳っている業者は、間違いなく闇金です。

闇金は無職の人でも“カモ”にして、その家族や親族からお金を搾取しようとします。
「少しだけだから大丈夫」などと甘いことを言っていると、本当に痛い目に遭います。
絶対に借り入れしてはいけません。

キャッシングをしていても生活保護の審査に通るのか

キャッシングをしていても生活保護の審査に通るのか

元々キャッシングをして借金がある方が生活保護の申請をした場合、生活保護受給者として認定されるのでしょうか。

生活保護を受けるには、申し込み後の審査があります。
本当にこの人には生活保護が必要か、不正はないか、生活保護費を不正に利用していないか、などが審査されるのです。
生活保護費は国民の税金で賄われていますので、無駄に受給させることがあってはいけないのです。

では、借金がある人が生活保護の申請をした場合、受給者として認可されるのでしょうか。

生活保護費は、借金の返済をするために受給するものではありません。
収入が無く、確かに生活をしていくことが困難だと認められる場合であっても、借金があれば認定されることはありません。

というのも、借金の整理には生活保護ではない別の方法があるからです。
生活保護を希望する人に借金がある場合、借金を整理するために自己破産をすることを勧められます。
自己破産をして借金がゼロになれば、生活保護を受けることが可能になるのです。

生活保護は、あくまでも人並みの生活が送れるようになるまでの援助に過ぎません。
借金返済を手伝うものでも、借金返済のために利用するものでもないということを覚えておきましょう。

しかし実際には、『生活保護受給者が借金をしてはいけない』という法律はありません。
ですから、貸し付けをする正規の貸金業者があれば、借り入れすることも可能です。(実際にはそんな業者はありません。)
ただし、借り入れをした金額は『収入』として換算され、生活保護費を減らされてしまいます。

また、やはり闇金では『生活保護受給者、大歓迎!』として貸し付けをして、受給した生活保護費を全て搾取してしまいます。
決まった期日に生活保護費が入金される受給者は、闇金の格好の“カモ”なのです。
絶対に利用してはいけません!

生活保護受給者は銀行のキャッシングを利用できるのか

生活保護受給者は銀行のキャッシングを利用できるのか

生活保護受給者が銀行のキャッシングに新規申し込みをしても、審査に通ることはありません。
生活保護費は収入として見なされませんし、無職では銀行で審査に通ることはできません。
勤続1年未満でも審査に通らない場合があるくらいですから、無職では絶対に無理でしょう。

では、元々持っていたカードでキャッシングをした場合、どうなるのでしょうか。
元々持っていたカードであれば更新までは審査がありませんので、仮に生活保護の申請で自己破産をしていても、銀行は更新まで知ることがないケースも少なくありません。

また、その銀行の口座を生活保護費の振り込みに利用していなければ、生活保護を受給していることも知られることはないでしょう。
しかし他社借入を自己破産した場合は、銀行は更新時に事故情報として信用情報機関の情報照会で知ることになります。
その場合、カードのキャッシング機能はストップしてしまいます。

借り入れした分をきちんと返済できれば問題はありませんが、もしも返済が滞った場合は3ヶ月程度の滞納で裁判所に訴えを起こします。
お金の借り入れをしていることを隠して生活保護を受給していた場合は不正受給となりますので、最悪の場合、受給する権利を失うことになるでしょう。

隠れてキャッシングしたのがバレるとどうなる?

隠れてキャッシングしたのがバレるとどうなる?

生活保護の申請は自治体の福祉事務所で行います。
申し込みのときだけでなく、その後も様々な相談にのってくれるのがケースワーカーです。

生活保護の申請をする際に、必ず聞かれるのが“借金の有無”です。
借金がある場合は、ケースワーカーから自己破産を勧められるでしょう。
つまり、借金があっては審査に通らないということです。

実際には生活保護の受給に際して、“借金の有無”を問う法律は存在しません。
しかし国民の税金から受給されている生活保護費で借金の返済をするということは、許されることではありません。

また、生活保護を受給しながら新たな借金をした場合、借り入れした金額は『収入があった』と見なされるため、受給額が減らされます。
ですからお金の借り入れしたことを、必ず福祉事務所に報告しなければいけないのです。

しかし報告を怠り、ケースワーカーにも隠れて借金をした場合、『収入を隠した』と見なされるため不正受給として扱われます。
不正受給があった場合は、場合によっては受給の打ち切りとなってしまいます。

「バレなければいい」と安易な気持ちで借り入れしてしまうかもしれませんが、バレたときのリスクを考慮すれば簡単に借り入れすることはできないでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP