教育ローンは本人が借りることはできるのか?

教育ローンは本人が借りることはできるのか?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

学生の申し込みでもOK?

学生の申し込みでもOK?

教育ローンには、『日本政策金融公庫』が窓口になっている国の教育ローンと、金融機関が貸し付けをする民間の教育ローンがあります。
基本的に教育ローンは進学をする本人ではなく、そのご両親のいずれか生計を維持している方を対象に申し込みの受け付けをしています。

“ローン”ですから借り入れをしたら返済をする必要があり、基本的に収入がある人でなければ審査に通ることはありません。
また成人していることが条件の一つになっているため、未成年者では申し込みをすることができません。
ですから進学をする本人が学生の場合は、本人の申し込みでは審査に通ることが難しいでしょう。

ただし、進学をする方が成人した方で安定した収入がある場合は、申し込みをして審査に通る可能性があります。
教育ローンの場合はアルバイトでは申し込みをすることはできませんので、安定した収入がなければ利用することは難しいでしょう。

奨学金の場合は本人名義の申し込みになりますが、卒業して半年後からの返済ですから在学中は返済する必要がありません。
しかし教育ローンの場合は借り入れした翌月には返済が始まりますし、返済が困難な場合でも卒業するまで利息の入金だけはしなければいけません。

どうしても学費にお金が足りない場合や生活費がもう少し欲しいという場合、学生であってもアルバイトで収入を得ていれば消費者金融ではお金の借り入れをすることができます。
消費者金融では限度額内で自由にお金の借り入れをすることができますが、借り入れをした翌月から毎月返済しなければいけませんので、返済のために生活が困窮しないよう計画的な利用をしなければいけません。

社会人なら申し込みOK?

社会人なら申し込みOK?

社会人になってから改めて大学や専門学校などに進学を希望する方がいらっしゃいますが、社会人であれば本人が教育ローンの申し込みを行うことは可能でしょうか。

“安定した収入があり、返済能力があると認められれば利用することができます”と言いたいところですが、社会人であっても未成年者では教育ローンの申し込みをすることはできません。
また、日本政策金融公庫や民間の金融機関では“社会人のための教育ローン”がありますので、必要があれば問い合わせをすると良いですね。

ただし、「仕事を辞めて勉強をし直したい」という場合は、教育ローンの利用は難しいでしょう。
というのも、教育ローンは借り入れをしたら翌月から返済が始まります。
仕事を退職するということは収入がなくなるということですので、審査に通ることは難しいと言えますね。

仮に仕事を退職する前に教育ローンに申し込みをした場合は、審査に通る可能性があります。
しかし借り入れ後に退職をして収入がなくなる場合は、返済が困難になることが想定されます。

借金の返済には「なんとかなるさ」は通用しないと考えなければいけません。
教育ローンは高額な利用となりますので、きちんと返済計画を立てて利用するようにしましょう。

アルバイトでも申し込みOK?

アルバイトでも申し込みOK?

日本政策金融公庫の教育ローンは、基本的に学生の保護者が申し込みをします。
ただし、学生ご本人が成人している社会人で収入がある場合は、申し込みが可能となります。
では、アルバイトをしている学生の場合はどうでしょう。

日本政策金融公庫では、アルバイトの場合は申し込みを受け付けることができません。
ただし民間の金融機関では、学生のアルバイトでも教育ローンの審査に通る場合があります。

勤続年数が長く、安定した収入を得ていると判断された場合は、審査に通って教育ローンの利用をすることができるでしょう。
成人していることが条件となりますので、未成年の場合は申し込みをすることができません。

教育ローンの利用ができなかった場合は、使い道自由な銀行のフリーローンなどを利用するという方法もあります。
フリーローンは教育ローンに比べて多少金利が高くはなりますが、審査に通りやすく利用しやすいと言えるでしょう。
銀行の担当者によく相談をして申し込みをすることをお勧めします。

無職でも申し込みOK?

無職でも申し込みOK?

教育ローンは借金という感覚を持たない方もいるようですが、きちんと完済しなければいけない借金だということを忘れてはいけません。
ですから審査では、返済能力があるかどうかは重要な基準となります。
つまり安定した収入があるということは、教育ローンの審査には重要な事項となります。

教育ローンの申し込みを本人がする場合「就職をしたら必ず返済します!」と懇願をしても、申し込みをする際に無職の場合は審査に通ることはありません。
大学や専門学校を卒業後に返済をしていくことを希望している場合は、日本学生支援機構などの奨学金を利用することをお勧めします。
奨学金の場合は卒業から半年後に返済が始まりますので、申し込み時は学生であっても無職であっても問題はありません。

教育ローンの場合は、学生本人の申し込みでも保護者の申し込みでも、申し込み者が無職では借り入れすることはできません。
教育ローンは借金です。
完済するまでしっかり返済できる人の申し込みでなければ、審査に通ることはないのです。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP