家族に内緒の借金・・・

家族に内緒の借金・・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

内緒の借金返済が苦しくなったら

内緒の借金返済が苦しくなったら

家族に内緒で借金をしている方は、実は非常に多くなっています。
その大半は『借金の使い道が言えないことだから』という理由のようです。

ただし、返済は完済するまで続きます。
ですから、完済するまでは家族に隠れて返済のためのお金を工面しなければいけませんし、返済が苦しくなっても家族に相談することもできません。

そうなると新たな借金をして返済に充てたり、ギャンブルで当てようとして借金を増やすなど、悪循環に堕ちるケースも少なくありません。
もちろん問題なくスムーズに返済ができていれば良いのですが、返済が苦しい状況になった場合、家族に内緒にしているケースではどのようにしたら良いのでしょうか。

可能であれば家族にカミングアウトして、返済に協力を求めることをお勧めします。
しかしそれができれば悩まないわけで、できないからこそ「どうしよう」と悩むのです。

絶対にしてはいけないこととして。
①借金を返済するために新たな借金を増やさないこと。
自転車操業は、結果的に借金を増やすことになってしまいます。

②利息だけの入金を長期に渡って続けること。
元本の返済をしなければ、永遠に利息を支払い続けなければいけません。

③返済を滞納すること。
債権者からの督促が継続的に行われ、滞納が3ヶ月続けば裁判所に起訴されます。

返済が苦しい状況になったら、債権者に相談をして返済金額の減額をしてもらいましょう。
それでも返済が困難な場合、或いは減額に応じてもらえなかった場合は、債務整理を検討しましょう。

家族にバレる心配

家族にバレる心配

家族に内緒で借金をしている場合、バレる不安が消えることはないでしょう。
もちろん『絶対にバレない!』という保障はありません。
契約時に債権者に対して「家族には内緒にしています」と言えば、郵便物の送付や電話など債権者が家族にバレるような行動をすることはありません。
しかしバレるときはバレるのです。

実は「内緒の借金がバレた!」という方の中には、ご本人の言動を家族が不審に思うことからバレてしまったというケースが多くなっています。
返済が苦しくなったことで嘘をついて家族からお金をもらおうとしたり、借金の悩みでイライラして家族と穏やかに過ごせないなど、様々なケースはあるようですが、それだけ借金の返済が苦しい状況ではとても平常心を保つことはできないということです。

家族に返済義務はあるのか

家族に返済義務はあるのか

借金の返済ができなくなった場合、債務者の家族には返済義務があるのでしょうか。

例えば、もしも自分が『お金を貸した側』だった場合、お金を貸した相手の家族が資産家であれば「家族が肩代わりをして返してくれないだろうか」と考えるでしょう。
しかし自分が『借金をしている側』の場合は、家族に請求されるのは困るのではないでしょうか。

いずれにしても借金は個人のものです。
返済できないからと言って、本人以外の人に請求されることはありません。
親であっても、兄弟姉妹であっても、配偶者や子どもの立場であっても、返済義務は無いのです。

ただし、下記の2つの例では返済を要求されるでしょう。

①遺産相続をした被相続人に借金があった場合
亡くなった親に借金があった場合、遺産を相続すれば借金も相続することになりますので返済義務が発生します。
相続放棄や限定承認で、返済の必要がなくなります。

②保証人になっている場合
借金の保証人が家族になっている場合、返済が滞納すれば保証人である家族に返済が請求されます。
連帯保証人を外れることは非常に難しいので、債務者も保証人も返済が難しい場合は両者が債務整理をする必要があります。

③闇金からの借り入れをした場合
闇金は家族や親族にも返済を請求します。
貸金業法や常識は通用しませんので、「法的には・・・!」などと言っても無駄でしょう。
闇金は絶対に利用しないことです。

家族に迷惑をかけることはないのか

家族に迷惑をかけることはないのか

上記にもありますように、借金は個人のものですので家族であっても返済義務はありません。
貸金業法では、債権者が本人以外に対して借金の返済を請求することは禁止されています。

また、多額の借金をしていても、家族がクレジットカードを利用したり借金をする際に影響することはありません。
ですから、きちんと返済していれば、借金そのものが家族に迷惑をかけることはないでしょう。

ただし、返済できずに債務整理をする場合、自己破産をすれば債務者名義の資産は回収されて債権者に配当されてしまいます。
家や土地の不動産や、自動車などの動産を失ってしまうため、同居している家族も引っ越しをしなければいけなくなります。
しかし債務整理をしたことで、家族の就職や縁談やローンの利用などに影響することはありません。

返済できない場合はどこに相談すればいい?

返済できない場合はどこに相談すればいい?

返済ができない状況になったら、長くその期間を過ごしてはいけません。
「何とかなるかもしれない」「何とかしよう」ともがいても、確実な算段ができない場合は早めに相談をした方が良いですね。
早めに相談することで、資産を回収されずに借金を整理することが可能となる場合もあります。

相談は、弁護士や司法書士などの法律の専門家にすると良いでしょう。
弁護士や司法書士には借金問題を専門にしている方がいますので、インターネットなどで検索すると良いですね。

債務整理をする際には、「家族に内緒にしたいのですが・・」と相談してみると良いでしょう。
弁護士や司法書士によっては、応じてもらえる場合もあるでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP