子供に借金があることが分かったら・・・

子供に借金があることが分かったら・・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

子供の借金を知った時、親としてできること

子供の借金を知った時、親としてできること

子供に借金があると知った時、それが初めてのことであればショックは大きいかもしれませんね。
何度も繰り返している場合は、落胆せずにはいられないでしょう。

まず最初にしなければいけないこととして、借金の金額と借入件数の確認があります。
本人の申告が信用できない場合は、信用情報機関に情報開示請求をすると良いでしょう。
子供が結婚している場合は、配偶者も同席して話し合いをしたほうが後々のトラブルを避けることができるでしょう。

さらに借金の使い道は必ず聞いてください。
使い道を聞いたところで借金が減るわけではありませんが、ギャンブル依存症や浪費癖がある場合には、相応の対応をしなければ借金癖を治すことはできません。
その場合は、精神科や心療内科を受診することをお勧めします。
また、信用情報機関の貸付自粛制度を利用し、借り入れできないようにすることも可能です。

借金の金額、借入件数、使い道を確認したら、『返済できているのか』を確認して下さい。
毎月の返済額はいくらなのか、いつまでに完済する予定なのか、返済は順調なのかを確認して下さい。
ここで無理のない返済をしていると判断することができ、本人がきちんと返済できている場合は本人に任せても良いですね。

しかし返済が困難な場合や多重債務になっている場合は、相談にのる必要があるでしょう。

子供の借金は肩代わりした方が良いのか

子供の借金は肩代わりした方が良いのか

子供が借金の返済で苦しんでいると知れば、親は助けてやりたいと考えるでしょう。
しかしその一方で、『それでは本人のためにはならない』とも思っているはずです。

そうです、『それでは本人のためにはならない』のです。

借金をして好きにお金を使って甘い汁だけを吸って、大変な返済はせずに苦い汁は親に吸わせる。
本人は痛くも痒くもないので、いずれまた借金を繰り返す可能性が高くなります。

「きつく叱って1発殴ったから、本人も懲りたはずだ」
そう言って、借金の肩代わりをする親御さんがいます。

そうですね、確かに懲りたでしょう、『親に叱られる』ということに。
借金の肩代わりをしてもらった人は借金の返済に懲りていないため、その後も甘く見て返済できないほどの借金を平気で作ってしまいます。
親にバレなければいいのです。

バレなければ、叱られることも殴られることもないのですから。
そして返済に窮して苦しくて辛い思いをすると、今度は「叱られて殴られて済むなら、その方が楽だ」と考えます。

子供の借金を肩代わりしてはいけません。
できる協力だけをして、借金の返済は本人にさせなければいけないのです。

例えば、ひとり暮らしをしている子供であれば借金を完済するまで実家に住まわせたり、一時的に親が借金を立て替えて完済するまで親に返済させるなど。
要は、本人に返済させることが重要なのです。

借金をすれば、自由になるお金が手に入ります。
しかし借金を返済するためには、ある程度の我慢や犠牲にするものが必ずあります。

苦い汁も吸わなければ、借金をする大変さが分からないままになってしまいます。
借金を繰り返さないためにも、『本人のために』本人に返済をさせてください。

子供の借金は親に返済義務があるのか

子供の借金は親に返済義務があるのか

結論から言うと、子供の借金を親が返済する義務はありません。
借金は個人のものですので、保証人にでもなっていない限り本人以外に請求が来ることはありません。
これは貸金業法にも定められており、『本人以外に請求してはいけない』としています。

ですから、もしも貸金業者が子供の借金の返済を親に請求してきた場合、それは違法行為です。
違法行為を行った場合、貸金業者には罰則がありますので、ほとんどそのようなことは起こりません。

万が一、子供の借金返済を親に請求してくる貸金業者があるとしたら、それは闇金である可能性が非常に高いでしょう。
一度でも支払ってしまうと何度でも請求されますので、絶対に支払ってはいけません。

子供を助けるため!と思うかもしれませんが、闇金は親からお金を回収しながら債務者である子供への取り立ても手を緩めることはありません。
そのような場合は、闇金専門の弁護士に相談をしてください。

子供の借金は、親には返済義務はありません。
もしも子供が返済できない状況で、親も立て替えることができない場合は、子供に債務整理をすることを検討させてください。

子供が死亡した場合、相続権は親にあるのか

子供が死亡した場合、相続権は親にあるのか

上記にもあるように、子供の借金は親であっても返済義務は一切ありません。
ただし、保証人になっていれば話しは別です。
本人が返済できない状況になれば、返済請求は保証人である親に来ることになります。

では、子供が借金を残したまま亡くなった場合、親が借金の返済をする必要はあるのでしょうか。

基本的に、借金は債務者が死亡すれば財産分与で相続されます。
ですから子供が結婚している場合は、法定相続人は配偶者とその子供になりますので、借金は配偶者と子供が引き継ぐことになります。

未婚の場合は、親が相続することになります。
ただし、相続放棄をすれば借金を引き継ぐ必要はなくなりますので、借金の金額を確認した上でよく考えて決めると良いでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP