携帯電話とキャッシング

携帯電話とキャッシング

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

キャッシングの在籍確認は携帯電話でできるのか

キャッシングの在籍確認は携帯電話でできるのか

キャッシングをする際、申し込みをすると必ず審査があります。
ほとんどの金融機関や貸金業者では、審査の中に勤務先の在籍確認が含まれています。
在籍確認とは、『申し込み者が申告した勤務先に本当に在籍しているのか』を確認するものです。
「一部上場企業に勤務している」「有名企業に勤めている」と嘘の申告をしても、在籍確認が取れなければ審査に通ることはありません。

では、在籍確認はどうやって取るのでしょうか。
基本的には申し込み者が申告した勤務先に、業者のスタッフが電話をして確認をしますので、勤務先の人にバレることを不安に思う方も多いようです。

しかし心配は要りません。
勤務先に電話をして会社の人が応対したら、個人名で利用者の方への取次ぎをお願いしますので、貸金業者や金融機関であることがバレることはありません。
必要な審査ですから拒否することはできませんし、バレることもないのでスタッフにお任せしましょう。

ですから在籍確認を取る際には、申し込み者の携帯電話に電話を掛けても確認を取ることはできないのです。
スタッフが申し込み者の勤務先に電話をして、『勤務先の人』が『申し込み者』に電話を取り次ぐことで在席を確認することができます。
スタッフが申し込み者の携帯電話に電話を掛けて本人が出ても、全く意味がないということです。
つまり一人で自営業をやっている場合など、固定電話を所有していない場合は、他の方法で自営業であることを証明する必要があります。

貸金業者によって異なりますが、在籍確認が取れなければ審査に通ることはほとんどありません。
また、在籍確認だけでなく、自宅の固定電話に電話をかけて電話番号の確認をする場合もあります。
この場合も在籍確認と同様に、個人名で申し込み者への取次ぎをお願いするので、家族にバレることはないでしょう。

携帯電話利用料金の滞納はキャッシングの審査に影響するのか

携帯電話利用料金の滞納はキャッシングの審査に影響するのか

金融事故もなく他社借入もないのに、キャッシングの審査に通らないケースがあります。
貸金業者の審査はそれぞれですので、審査に通らない理由も様々です。
ですから一概には言えませんが、審査に通らない理由の一つとして『携帯電話利用料金の滞納』があります。
しかし「携帯代を滞納したことがあるけど、審査に通ったよ!」という人もいるでしょう。

携帯電話利用料金の滞納が審査に影響するケースには、『分割払い』や『クレジットカード払い』があります。
携帯電話の端末を分割払いで購入する場合、携帯電話会社では自社系列のローンを利用し携帯電話の利用料金と一緒に引き落としにします。
つまり分割払いとなっている端末代金は、ローン返済しているということです。

ですから支払いを滞納すれば、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。
また、携帯電話利用料金をクレジットカード払いにしている場合も、滞納すれば事故情報となるため信用情報機関に登録されてしまうのです。

ですから、携帯電話料金の滞納は借金の滞納とは性質の異なるものですが、支払い方によっては滞納したことがキャッシングの審査に影響する場合があるのです。
端末の料金を一括払いで支払って、携帯電話利用料金を通帳引き落としにしている場合は、影響することはありません。

携帯電話利用料金の滞納で強制解約

携帯電話利用料金の滞納で強制解約

携帯電話利用料金を滞納した場合、携帯電話をそのまま利用し続けることが可能なのでしょうか。
もちろん、そんなことはできません。
携帯電話の場合、利用料金の未払い状態が続くと1ヶ月ほどで回線が停止します。
事実上の強制解約です。

このような場合、携帯電話会社ではほかの携帯電話会社と情報を共有することができる、携帯電話会社の信用情報機関に情報を登録します。
「この人物は携帯電話利用料金の支払いをしていません」という情報を登録することで、他社でもこの人物との契約を拒否することができるのです。

料金を支払わない利用者とは、携帯電話会社は契約をしたくないでしょう。
ですから料金の支払いをしなければ、他社との契約もできないということです。
ただし、利用料金と遅延損害金の支払いをすれば、すぐにでも携帯電話の契約は可能となります。

携帯電話利用料金を滞納が影響すること

携帯電話利用料金を滞納が影響すること

上記のように、携帯電話利用料金がキャッシングの審査に影響する場合としない場合があります。
では、『キャッシングの審査』『携帯電話の契約』以外に、料金の滞納が影響することはないのでしょうか。

端末の分割払いや利用料金のクレジットカード払いの場合、滞納が3ヶ月程度続くと既存のカードローンやキャッシングなどにも影響してしまいます。
一般的に2~3ヶ月の滞納が続いた場合、信用情報機関に『滞納』したことが事故情報として登録されます。

この事故情報の記録がある場合は、新規申し込みの審査だけでなく更新の際にもカードローンやキャッシングなど全ての借り入れ利用がストップします。
ほかの借り入れの返済がきちんとされている場合でも、1社でも継続した滞納がある場合は全ての借り入れに影響すると考えなければいけません。

信用情報機関の『滞納』の記録は、滞納が解消されてから5年間は記録が残ります。
つまり滞納解消から、5年間は借り入れやクレジットカードの利用はできないということです。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP