配偶者が連帯保証人の場合、離婚したらどうなるの?

配偶者が連帯保証人の場合、離婚したらどうなるの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

住宅ローンの連帯保証人

住宅ローンの連帯保証人

住宅ローンの連帯保証人は、収入があれば妻がなる場合が多くなっています。
しかし、もしも離婚をした場合、住宅ローンの連帯保証人を外れることは可能なのでしょうか。

離婚したことで、連帯保証人の契約が無効になることはありません。
ですから離婚をしても、その家を出て行っても、連帯保証人であることには変わりはありません。

つまり、そのままにしておくと離婚をしたにも関わらず、その家の住宅ローンの返済に関して責任を負わなければいけない状況になることが有り得るということです。

連帯保証人は主債務者と同様の責任があり、もしも主債務者が返済できる状況であっても債権者が連帯保証人に返済を請求すれば、連帯保証人はそれを拒むことはできません。
夫婦であれば、万が一連帯保証人に返済請求が来ても問題はありませんが、離婚をして他人になったにも関わらず返済請求をされた場合、非常に不本意な支払をしなければいけないということです。

しかし実際には主債務者が返済を滞納することなく継続をしていれば、連帯保証人に返済請求をすることはありません。
連帯保証人に返済請求が来た場合は、主債務者が返済を滞納をしたか、債務整理を行ったことが考えられます。

もしも元夫が自己破産をしたら

もしも元夫が自己破産をしたら

では、もしも主債務者である夫が自己破産をした場合、連帯保証人に返済義務は生じるのでしょうか。
また、家はどうなるのでしょう。

基本的に住宅ローンの残債は、連帯保証人である元妻に返済が回されます。
しかし住宅の名義は元夫であるため、自己破産で資産を回収される際に家や土地も回収されてしまいます。

仮に、残債が1500万円で家の時価が1000万円だったとします。
競売にかけると値段は低く設定されてしまいますので、オーバーローンは確実です。
このような場合は、競売に掛ける前に任意売却をした方が高く売れるでしょう。

しかし、家や土地を売却するためには、不動産名義である元夫の同意が必要です。
ですから嫌でも協力し合わなければ、売却することはできないでしょう。

ただし、売却後のオーバーローンは、連帯保証人である元妻が返済しなければいけません。
仮に残債1500万円に対して1200万円で売却された場合は、300万円のローンが残り、連帯保証人である元妻が返済しなければいけません。

離婚後の住宅ローンのトラブルは、実は少なくありません。
離婚をすれば連帯保証人を外れることができると思っている方が多いことが、原因の一つです。
離婚をする際には、必ず連帯保証人を変更する必要があります。

再婚をして名前が変われば連帯保証人を外れることができるのか

もしも元夫が自己破産をしたら

住宅ローンを組む際に、妻を連帯保証人にすることはよくあることですが、それが金融機関との『契約』であることを意識する方は少ないでしょう。
連帯保証人は、債権者と連帯保証人との間で結ぶ契約です。
ですから離婚をしても、家を引っ越しても、契約が破棄されることはありません。

つまり、例え離婚後に再婚をして名前が変わっても、連帯保証人の契約が無効になることはないということです。

再婚後に元夫の住宅ローンの返済請求が回って来て、再婚相手との間で揉めるのは最悪です。
ただし、再婚後に元妻が収入を得ていない場合は、返済能力がないと認められます。
再婚相手に支払い義務はありませんので、元妻が支払えない場合でも再婚相手に返済請求が回されることはありません。

離婚後夫が家を出る場合、住宅ローンの名義変更はできるのか

離婚後夫が家を出る場合、住宅ローンの名義変更はできるのか

離婚をキッカケに、元夫が家を出て元妻と子どもが住み続けるというケースは少なくありません。
その場合、住宅ローンの名義を元妻に変更することは可能なのでしょうか。

住宅ローンの名義を変更することはできません。
住宅ローンの利用は、あくまでも債務者本人の属性などから審査して、貸し付けを行ったものです。
ですから、「離婚をして今月から元妻が返済することになったので、住宅ローンの名義を変更して下さい」という要望が通ることはありません。

住宅ローンを元妻の名義に変更したい場合、一つの方法として“借り換え”があります。
残債を借り換える際に元妻が申し込み者となり、新たに審査をしてもらう方法です。
ただし、元妻にある程度の収入がなければ審査に通ることはありませんし、離婚する時点での年齢によっては難しい場合もあるでしょう。

元夫の名義の住宅ローンを元妻が返済していく場合、返済が滞納すれば請求は元夫に行くことになります。
元妻が滞納し続ければ、ローンの名義人である元夫の信用情報に傷が付きますので、安易に考えず、弁護士などに相談をすることをお勧めします。

奨学金の連帯保証人に離婚した父親がなることはできるのか

奨学金の連帯保証人に離婚した父親がなることはできるのか

ちなみに、子どもの奨学金の連帯保証人は『両親のいずれか』という規定がありますが、両親が離婚をしている場合、籍を抜いた父親に連帯保証人になってもらうことは可能です。
奨学金を受ける学生の父親であることが分かる書類を添付し、父親本人の同意が得られれば、連帯保証人として認められます。

連帯保証人は保証人に比べて責任が重いため、両親のいずれかとしており、保証人はおじやおばなどの4親等以内の親族としています。
離婚をしていても父親であることには変わりないので、父親が要件を満たしていれば問題ないでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP