キャッシングの滞納で起こること・・・

キャッシングの滞納で起こること・・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

キャッシングの返済を滞納するとどうなる?

キャッシングの返済を滞納するとどうなる?

手軽にお金の借り入れができるキャッシングですが、キャッシングをしたら金額に応じて毎月返済をしなければいけません。
借り入れには利息が付きますので、返済金額-利息=元本への返済となります。

では、キャッシングの返済期日を過ぎても返済をしなかった場合、どうなるのでしょうか。

通常、返済期日に返済がされていなければ、翌日には電話がかかってきます。
返済期日を忘れることもありますので、「お忘れではないですか?」というスタンスである場合が多いでしょう。
その際、「いつ入金するのか」を確認されるでしょう。
遅延損害金が発生する場合には、その金額も告知されます。

しかし約束の期日に入金されていなければ、再度確認の電話がかかってきます。
こうして何度かやり取りが繰り返されますが、1ヶ月程度経過すると振込用紙を同封した督促状が郵送されます。
返済金額+利息+遅延損害金の金額と入金期日が記載されていますので、確認をしなければいけません。

しかしそれでも入金しない場合は、何度かの督促状と電話が繰り返され、2~3ヶ月経過したら裁判所で返済を求める訴訟を起こされます。
債務者には、裁判所から督促状が内容証明郵便で送られてきますので、必ず内容を確認しなければいけません。

督促状は、期限の利益の喪失をしたとして、一括返済を求める内容になっています。
一括返済ができない場合には、督促状が届いてから2週間以内に異議申し立てをしなければいけません。
異議申し立てをしなければ督促状の内容を認めることになるため、一括返済に応じることになります。

しかし一括返済ができないとなると、債権者は債務者の財産を差し押さえて債権を回収しようとします。
給料や口座の差し押さえが強制執行されますので、逆らうことはできません。

督促の電話

督促の電話

キャッシングの返済を滞納すると、債権者から督促の電話がかかってきます。
電話の内容は、「返済されていませんが、いつ入金できますか?」というものです。
想像では、怖い口調で脅し文句の1つや2つ言われそうなイメージかもしれませんね。

しかし現在の貸金業法では、乱暴な取り立ては一切できないようになっており、債務者の生活を脅かすような督促を行うことも違法となっています。
ですから、債権者が債務者に督促の電話をかける場合は、丁寧な口調で用件を伝える形になります。

一昔前では考えられませんが、今は電話を掛ける時間帯や電話を掛ける回数まで制限されているため、債権者も違法にならない形で督促を行います。

しかし丁寧な口調の督促に甘んじていると、「気付いたときには裁判沙汰になっていた」ということにもなり兼ねません。
返済できないときには、何もせずに黙っていても何の解決にもなりません。
返済方法を債権者に相談したり、弁護士に相談をして債務整理を検討するなど、何らかの手立てを考える必要があるでしょう。

滞納している期間の利息

滞納している期間の利息

借金には、金利に応じた利息が付きます。
これは返済中にも支払っているもので、返済金額は利息の支払いが優先されて残金が元本に返済されます。

例えば、15%の金利で30万円の借り入れがある場合、利息は30日間で3,698円になります。
しかし返済期日を過ぎた場合、利息は遅延損害金となって加算されます。

通常、遅延損害金は金利よりも高く設定されていますので、それだけ負担も大きくなります。
利息上限法で20%までしていますので、遅延損害金は20%で設定しているところが多くなっています。
さらに遅延損害金利率は『賠償額の予定の制限』の規定の1.46倍まで設定することが可能です。

請求される返済額は、当然ですが元本+利息+遅延損害金となりますので、返済する際には確認することをお勧めします。

返済滞納で裁判になったら

返済滞納で裁判になったら

借金を滞納して裁判沙汰になるということが、本当に現実で有り得ることなのでしょうか。
有り得るどころか、実際に起こっていることだということを覚えておきましょう。

債務者が返済を滞納して2~3ヶ月で、債権者は裁判を起こすでしょう。
債権者は督促をしても返済に応じなかった債権者に対して、裁判を通して返済を要求します。
債権者には裁判所から、(上記でお話ししましたように)一括返済を求める督促状が届きます。

裁判所から督促状が届いたら、絶対に無視をしてはいけません。
一括返済に応じることもできないのに異議申し立てをしないということは、財産差し押さえを強制執行されても仕方がないことです。

結果的に給料や口座の差し押さえを強制執行される可能性は非常に高いので、対応としては裁判所から督促状が届いたら2週間以内に異議申し立てをして一括返済を回避し、さらに弁護士に相談をして債務整理を検討しましょう。

きちんと対応しなければ、後悔する結果にもなり兼ねません。
無視や夜逃げは状況の悪化を招く結果しか待っていませんので、弁護士に相談をしてきちんとした対応をしましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP