メリットを知っておまとめローンを利用しませんか

メリットを知っておまとめローンを利用しませんか

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

おまとめローンで複数の借り入れを一本化

おまとめローンで複数の借り入れを一本化

おまとめローンは、その名の通り複数の借り入れを一本化することができるローンです。
例えば3社から借り入れがある場合、3社の借り入れを1社にまとめてしまうということですね。

[例]A社から50万円、B社から40万円、C社から10万円の借入がある場合。
D社から100万円(+利息)の借り入れをして、そのお金でA社B社C社の借入を完済し、借り入れをD社だけにする。

どうですか?想像しただけでスッキリしませんか?
ここでは、その『おまとめローン』のメリットについてお話ししましょう。

メリット①金利が低くなる・・・かも!

メリット①金利が低くなる・・・かも!

借金には、必ず利息は付くものです。
貸金業法が改正されてからというもの、金利の上限が借入金額によって15~20%と規制されていますので、昔に比べれば返済しやすくなっていると言えますね。
とは言え、数社からの借り入れとなると、利息の支払いだけでも負担は大きくなるでしょう。

[金利の上限]
貸付金額10万円未満・・・・・・・・・・20.0%
貸付金額10万~100万円未満・・・18.0%
貸付金額100万円以上・・・・・・・・・15.0%

上記の金利の上限のように、借入金額が小さいほど金利は高くなり、大きいほど金利は低くなります。
ですから小さな金額で数社の借り入れをするより、まとめて1社にした方が金利は低くなることが期待できます。

また、消費者金融からの借入は銀行からの借り入れに比べて金利が高く設定されていますので、数社の借り入れの中に消費者金融からの借り入れが入っている場合は、銀行のおまとめローンを利用することで金利はグッと抑えることができるでしょう。

ただし、逆に銀行からの借り入れを消費者金融で一本化する場合は、金利が高くなることがありますので、注意が必要です。

メリット②借金返済日が月一になる

メリット②借金返済日が月一になる

借金がある人は、借入の数だけ返済日の入金が必要です。
1日はA社、10日はB社、20日はC社、という風に、各社の返済日に合わせて遅れないように入金しなければいけません。

借りたものは返さなければいけませんので、入金ぐらい億劫がらずに行わなければいけません・・・・、確かにそうです。
しかし忙しい毎日の中で、或いは「入金がなければ家から出る必要がなかったのに・・」という場合など、日常の中では毎月数社の返済日があるということに煩わされてしまいます。

その点、借金を一本化することができるおまとめローンを利用すると、借金返済日は月に一日だけとなります。

返済日をうっかり忘れる危険もなくなりますし、1社だけですので残債を把握することも簡単です。
カードを何枚も持つ必要がなくなり、さらに返済に行くのは1ヶ所だけでOK!
とても身軽になった気分になれるでしょう。

メリット③返済額が小さくなる

メリット③返済額が小さくなる

メリット①で金利のお話しをしましたが、返済金額が小さくなるのは金利のお陰だけではありません。
1社にまとめることで返済は長期となりますが、その分、毎月の返済額は小さくなるというわけです。
月々の返済額が小さくなれば、それだけ負担は軽くなりますので、返済が困難な状況にある方にもお勧めです。

実際に、債務整理を検討して弁護士に相談した際に、おまとめローンで借金を一本化することを勧められ、「楽に返済をすることができるようになった!」という事例は少なくありません。
「返済が負担になっているけど、債務整理をするほどでもない」という方は、おまとめローンを利用してみてはいかがでしょうか。

メリット④総量規制の対象にはならない

メリット④総量規制の対象にはならない

おまとめローンは銀行でも消費者金融でも行うことができますが、気になるのは消費者金融の総量規制ではないでしょうか。
実は総量規制は消費者金融や信販会社に適用される規制で、銀行からの借り入れは対象外となっているのです。
ですから銀行のおまとめローンを利用する場合は、総量規制を気にする必要はありません。

総量規制は『年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけない』という規制で、違反した場合は貸し付けをした貸金業者に罰則が与えられます。
ですから貸金業者では、申し込み者の借り入れが年収の1/3近い金額になっている場合は、貸し付けを行うことはありません。

しかし、おまとめローンは数社の借り入れがある上で、一旦新たな借り入れをするものです。
もちろんおまとめローンで借り入れした金額で、数社の借り入れを完済することになりますので、一瞬のことではありますが。
厳密に言うと、おまとめローンの貸し付けを行った貸金業者は、一瞬でも総量規制を超える金額の貸し付けをしたことになってしまいます。
これは違反したことになるのでしょうか。

大丈夫です。違反になることはありません。
というのも、おまとめローンは総量規制の対象ではないのです。

そもそも総量規制は、貸金業者の貸し過ぎを防ぐことを目的に制定された規制です。
貸金業者がどんどん貸し付けをしてどんどん利息を回収し、多重債務者や自己破産者が急増し、社会問題にまで発展した時代がありました。
貸金業者が得をするような貸し付けを行わないために、総量規制で貸し付けの制限をするようになったのです。
ですから“債務者だけが得をするおまとめローン”は、総量規制の対象にはならないというわけです。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP