ヤミ金のことはどこに相談すればいいの?

ヤミ金のことはどこに相談すればいいの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

無料相談ができるところは?

まずは無料相談を

ヤミ金は、一般的な貸金業者とは違います。
通常、貸金業者は貸金業協会に所属し、その証しとして必ず登録番号を持っています。

日本貸金業協会は内閣総理大臣に認可されており、貸金業者で構成されている自主規制機関です。
協会員は全国の支部に所属し、合法的な経営に務めています。

しかしヤミ金はそのような通常の貸金業者とは異なり、日本貸金業協会に所属せずに非合法な経営方法でお金の貸し付けを行っています。

ヤミ金の大きな特徴として、出資法を無視した高い金利が挙げられます。
現在の出資法では、10万円までの貸し付け金では年利20%まで、10万円~100万円未満の貸し付け金では年利18%まで、100万円以上の貸し付け金では年利15%までと、年利の上限が決められています。

しかしヤミ金は法律を無視した、トイチ(10日で1割)やトサン(10日で3割)などといった高金利でお金の貸し付けをします。
そして返済日になっても入金がされない場合、入金されるまで何度も催促の電話をかけてきたり、家まで押しかけてくるなどの過剰な取り立て行為を行います。

現在の貸金業法では取り立てに関する厳しい規定がありますが、ヤミ金にとってはそんなことは関係ないといった感じです。
常識が通用しないため、一度ヤミ金からお金を借りてしまうと、本当に苦しみ悩む生活が続く場合もあります。

もしもヤミ金で悩んでいることがあれば、ヤミ金問題を専門に取り扱う弁護士に相談をすると良いでしょう。
弁護士事務所では、相談の第一歩として無料相談を受け付けておりますので、まずは電話で問い合わせをして『ヤミ金の相談に応じてもらえるか』を確認しましょう。

ヤミ金問題に関しては、どの弁護士でもOKというわけにはいきませんので、問い合わせの際には必ず『ヤミ金の相談』であることを伝えましょう。

危険が及んだら即警察へ!

危険が及んだら即警察へ!

現在は、ヤミ金もかつてのような派手な動きをすることがなくなったようです。
しかし、とは言え時として取り立てが迷惑行為に及ぶこともあるでしょうし、身に危険を感じることもあるでしょう。

そのような場合「自分がヤミ金からお金を借りたのが悪いから・・」と諦めてしまうと、ヤミ金の言動はどんどんエスカレートする恐れがあります。

「完済するまでの辛抱だ」と考える方は多いようですが、ヤミ金は絞り取れるだけ絞り取って、もう取れないところまで完済させるつもりはありません。
巧妙に完済を避け、元本を残して金利を絞り取るのです。

最悪のケースでは、家族や親戚からもお金を絞り取り、親族一同がスッカラカンになるまでしつこく付き纏う場合もあります。

取り立てが迷惑行為に及んだり、身に危険を感じるようなことがあった場合、ヤミ金問題専門の弁護士を探している余裕などありませんので、すぐにでも警察に通報しましょう。
その場で取り押さえることができなくても、近隣の見回りを強化してもらうことができたり、何かあったらすぐに駆け付けてもらうことも可能となります。

ただし、警察に通報したところで、その場の迷惑行為は止めることはできますが、根本的な解決を期待することはできません。
警察は『起こったこと』に対して対処することはできますが、契約書が交わされているお金の貸借に関して介入することはありません。

ヤミ金の相談はヤミ金問題専門の弁護士にお任せ

ヤミ金の相談はヤミ金問題専門の弁護士へ!

ヤミ金の返済は『完済するまで』ではなく、『絞り取れなくなるまで』です。
上記でも述べましたが、債務者が「完済したい」と希望しても、ヤミ金がまだ絞り取れると判断すれば完済させることはありません。
元本が残っている限り利息の回収をすることができるため、完済をさせずに利息の支払いをさせます。

闇のルートで紹介された仕事で稼がせ、その収入の全てを回収する場合もあります。
家族や親戚、仕事場にまで取り立てに来ることもありますし、近所や子どもの学校に言い触らされることもあります。

ヤミ金は通常では考えられないような行為で、「そうされたくなければ、利息を支払え!」と詰め寄ります。
そこに恐怖を抱いて黙って言いなりにお金を支払っていたら、家族も生活も人生も破綻してしまいます。

ですからそうなる前に、ヤミ金問題を取り扱っている弁護士に相談をしてください。
ヤミ金問題は非常に難しい案件となりますので、必ず『ヤミ金問題を取り扱った経験があるか』を確認しなければいけません。

一般的は債務整理を専門としている弁護士では、相談をしても断られてしまう可能性が高いでしょう。
そもそもヤミ金の実態を掴むこと自体が非常に困難なことですので、ヤミ金問題に取り組んだ経験のある弁護士であれば、おかしな言い方ですが伝手を伝っていけば実態を掴むことも難しくはありません。

しかし「弁護士に相談をしても、常識の通用しないヤミ金を解決することはできるのだろうか・・」と考える方も多いでしょう。
弁護士がヤミ金を捕まえて話しをする機会を持つことができれば、翌日からは嘘のように取り立てが止むでしょう。

ほとんどの場合、それっきりとなりますので心配は要りません。
というのも、ヤミ金は裁判になることを非常に恐れています。
裁判になって、芋づる式に違法な行為が明るみに出るくらいなら、取り立てをするカモを手放したほうがいいというわけです。

弁護士費用は通常より高いのか?

弁護士費用は通常より高いのか?

ヤミ金問題には危険が付き物ですし、通常の案件に比べて非常に厄介な問題です。

そのようなことを考慮すると弁護士費用にも『危険費』や『複雑費』が付きそうですが、実際にはそんなことはありません。
通常の弁護士費用を請求されることが一般的で、場合によっては分割払いに応じてもらえることもあるでしょう。

費用のことが心配で相談できずにいる場合には、まずは電話で費用に関する問い合わせをしてみると良いですね。

長く我慢を続ける必要はありません。
ヤミ金問題で悩んでいる方は、早めにヤミ金問題に取り組める弁護士に相談してください。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP