ソフト闇金の実態がコレ!

ソフト闇金の実態がコレ!

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

ソフト闇金の利用者

ソフト闇金の利用者

ソフト闇金は闇金に比べて非常に優しい対応で、その名の通り“ソフトな闇金”です。

闇金のような脅迫まがいな言動や厳しい取り立てもなく、むしろ安心して心を開いてしまうような対応をします。
心の隙間に入り込むような巧妙な会話で相手を油断させ、お金の貸し付けをして思い遣るふりで高額な利息を回収する。
それがソフト闇金の手口です。

闇金のように返済が遅れたからと言って乱暴な言葉で支払いを要求したり、家まで押しかけて詰め寄るようなこともありません。
多少の遅れには融通を利かせてくれますし、話し相手になって良き理解者を装うこともあります。

しかし実際にはソフト闇金も闇金同様に、貸金業協会に登録をしていない非合法な貸金業者です。
違法に高い金利でお金の貸し付けをして、様々な理由を付けては完済させることを避け、長期に渡って高い利息の回収をし続けます。
一見いい人に見えてしまうソフト闇金は、そう言った意味では闇金以上に悪質だと言えるでしょう。

しかしソフト闇金を利用している人は、金利が異常に高いということを知りながら利用している方がほとんどです。
当然、違法な金利だということも分かっているでしょうし、非合法な貸金業者だということも分かっているでしょう。
最近は『ソフト闇金』という風に堂々と謳っているので、決して騙されて利用しているわけではないのです。

では、ソフト闇金を利用する利用者の背景には、どんな事情があるのでしょうか。

高い金利を支払ってもソフト闇金を利用する背景、ほとんどの方は『一般的な貸金業者からの借り入れができない』という状況にあります。
借り入れできない理由は、『多重債務で審査に通らない』『債務整理をしたので借り入れすることができない』『専業主婦だから夫に内緒で借り入れできない』『仕事を辞めてしまったので借り入れできない』など様々です。

通常、貸金業法に則って営業している正規の貸金業者の場合、上記の状態の方にお金の貸し付けをすることはありません。
ですから、借り入れできない状況の人にとって、それでも貸付してくれる“ソフト闇金”は有り難い存在でもあるということです。

しかし一旦貸し付けをすれば、完済させることなく利息を回収し続けるソフト闇金にとって、利用者は『カモ』でしかありません。
親切な対応も、返済を待ってくれる配慮も、全ては『カモ』から長く利息を回収し続けるためだということを覚えておきましょう。

ソフト闇金の金利

ソフト闇金の金利

上記にもありますように、ソフト闇金では闇金同様に違法な高金利で利息を請求します。
具体的には、10日で2割、7日で3割ということも、ソフト闇金では普通のことです。

現在の出資法では年利20%を超える金利で貸し付けを行った場合、刑事罰の対象となります。
10日で2割を年利に直すと“年利730%”、7日で3割を年利に直すと“年利1564%”ということになります。
これがどういうことだか分かるでしょうか。

[例①]10日で2割:年利730%の場合
1万円の借り入れをすると、1年間で利息は“7万3千円”になります。
1ヶ月に1回利息の支払いをするとしたら、1ヶ月目の利息は“6千円”になります。
1万円の借り入れで、1ヶ月で6千円の利息。

[例②]7日で3割:年利1564%の場合
1万円の借り入れをすると、1年間で利息は“15万6400円”になります。
1ヶ月に1回利息の支払いをするとしたら、1ヶ月目の利息は“1万2854円”になります。

ソフト闇金の利息がどれだけ高額か、お分かりいただけたのではないでしょうか。

別の業者から借りさせる手口

別の業者から借りさせる手口

ソフト闇金は、利用者に対して非常に親切で優しい印象を与えます。
多少の返済の遅れは承諾してくれますし、話し相手になってくれることもあります。

しかし会話の中から家庭の事情を聴き出し、笑顔の対応の裏にはお金を絞り取る策略が潜んでいることを忘れてはいけません。
何度も返済の遅れが重なり、返済できないことが分かった途端に、ほとんどのソフト闇金では手の平を返したように厳しい取り立てを行うようになります。

ソフト闇金の目的はお金を搾取することであり、優しい対応も親切な言葉掛けも全てはお金を搾取するためなのです。
ですからそれができないと分かると、優しくしている意味も親切な対応をする意味も全くなくなるため、簡単に手の平を返すことができるのです。

ソフト闇金から借金をしていることを家族や親戚、職場にバラすと脅され、期日までにお金を用意することを強要します。
それでもお金を用立てることができない場合には、ソフト闇金の指示で別の貸金業者からお金の借り入れをさせられる場合があります。
もちろん別の貸金業者とは言え、裏で繋がりのある業者です。

同様に無登録で非合法な貸金業者で、闇金かソフト闇金の類いの業者です。
結果的に別の業者から借り入れをして返済をすると、ソフト闇金・闇金の間で自転車操業が始まります。
借りては返し、また借りては返しを繰り返し、雪だるま式にどんどん借金は増えていき、まさに借金地獄の状態となってしまうのです。

ソフト闇金の借金は返済義務がない

ソフト闇金の借金は返済義務がない

日本の法律では、違法な金利での貸し付けに関しては『返済の必要がない』とされています。
仮に借りたお金を遣ってしまったとしても、その元本も返済する必要がないのです。

ソフト闇金では明らかに違法な金利で貸し付けを行い、違法な手口で取り立てを行っています。
この借り入れに関しては、実は返済の必要はないということなのです。
しかし、だからと言って返済をしなければ、利用者は大変な目に遭ってしまうでしょう。

嫌がらせのような取り立てや迷惑行為だと言えるような言動を繰り返し、怖い目に遭うことも考えられます。
つまり、違法な金利だからと言って返済しないわけにはいかないということですね。

いいえ、実は一つ方法があります。
闇金問題に対応できる弁護士に依頼をして、ソフト闇金との関わりと断つという方法です。

ソフト闇金が法律で裁かれることがあったとしたら、確実に負けが見えています。
ですからソフト闇金は裁判沙汰になることを非常に嫌います。

弁護士がソフト闇金と話しを付ければ、翌日には嘘のように関わりがなくなっています。
電話がかかってくることも、家を訪ねてくることも、返済を要求することも、一切の関わりを断つことができるでしょう。

もしもソフト闇金への支払いで悩んでいたら、闇金問題に対応できる弁護士に相談をしましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP