恐ろしいヤミ金の取り立て・・・

恐ろしいヤミ金の取り立て

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

催促の電話

催促の電話

ヤミ金からお金を借りると、10日に1度は利息の入金を要求されるでしょう。

万が一、何らかの理由で入金が遅れた場合、一般的な貸金業者であれば返済日の翌日に電話が掛かってきて「返済されていないようですが・・」と言われる程度でしょう。

債務者に入金できる日を確認して、その日までの遅延損害金の金額を提示します。
あとは約束した日までに入金をすれば問題はありません。

しかしヤミ金の場合、その程度の気持ちでいると、怖い思いをすることになりますよ。

ヤミ金は、お金を貸し付けるときには非常に親切で優しい人を装います。
それは『カモ』を呼び込むための偽りの姿です。

入金が1日でも遅れると電話で催促をされ、「今すぐに入金しろ」「入金しなければ家まで行くぞ」「会社や家族にバラしてもいいのか」などと脅して、『入金が遅れたら大変なことになる!』という印象を植え付けます。
電話は入金されるまで、昼夜問わず何度でもかかってきます。

本来、貸金業法では違法となっている取り立て方法も、ヤミ金には全く関係ないのです。
つまりヤミ金の元では、法律に守られることは難しいということですね。

もしも催促の電話を無視したら

もしも催促の電話を無視したら

1日に何度も昼夜問わずにヤミ金からかかってくる催促の電話は、一方的なヤミ金の要求だけの内容だということは何度か電話に応じるうちに分かるでしょう。
こちらの話しを聞き入れてもらえないため、まともな会話にもならないでしょう。

そうなると電話に応じるのも嫌になり、無視するようになってしまいます。
しかし無視をし続けることは、実は非常に危険です。

電話に応じないとなると、当然家に押しかけてきます。
居留守を使ったり、しばらく家に帰らないようにすると、今度は近隣に対して迷惑行為を行います。

債務者の借金に関する情報やプライベートなことなどを誹謗中傷したチラシを作ってバラ撒かれたり、家の近所を怖い風貌のオニイサンたちがウロウロしたり、場合によってはそこに住み続けることが困難になるケースもあるほどです。

さらに家族や親族に借金のことをバラされ、利息の支払いを請求する場合もあります。

電話に応じても地獄、電話を無視しても地獄、出口が見えないのがヤミ金なのです。

家族への取り立て

家族への取り立て

借金の返済は、本人以外の人物に要求してはいけません。
これは貸金業法で決められていることですが、ヤミ金ではそんなことにはお構いなしです。

借金の申し込みをする際に、家族や親族についても詳しく聴き取りをされるため、家族構成や家族の住所・電話番号・勤務先など、かなり多くの情報をヤミ金では保有しています。
そして返済が遅れると「家族や親戚にバラすぞ」と脅しますが、それはただ支払ってもらうための脅しではありません。
本当に家族や親戚にも借金の事実をバラし、さらには返済を要求するのです。

家族に対する取り立ては違法ですし、もちろん支払う必要はありません。
しかし支払わなければ嫌がらせはエスカレートしますし、家族や親戚なら「返さなければ迷惑をかけることになる」と考えて支払う方も多いようです。

そして一度でも家族が支払った場合、ヤミ金は家族のことも『カモ』にします。
本人がきちんと返済をしていても様々な言い分で家族にも請求し、絞り取れる分だけ絞り取ろうとするのです。

ヤミ金は「まさかそこまで・・」と思うところまで徹底してやり、お金を搾取する手段を選びません。

もしもヤミ金からお金を借りて家族にまで取り立てが及びそうなときには、思い切って家族に本当のことを話して1度でも取り立てに応じてはいけないと話してください。
執拗な取り立てがあった場合には、すぐに警察に通報し迷惑行為をやめさせましょう。

会社への対応

会社への対応

常識が通用しないヤミ金は、本人からお金を絞り取れなくなると家族や親族にまで取り立てを行います。
さらに本人にもっと支払わせるために嫌がらせ行為として、会社にも電話やファックスで借金のことをバラしたりします。

場合によってはヤミ金が実際に会社に来て、同僚や上司に利息の支払いを要求したり、迷惑行為を繰り返したりします。
それが原因で会社を退職することになった事例は、決して少ない数ではありません。

ヤミ金の目的は、『債務者が会社を辞めることになり、その上でさらにキツイ取り立てを行い、支払えない債務者が、ヤミ金の斡旋した仕事に就くこと』です。
斡旋された仕事は違法なものばかりですので、犯罪の一端を担うことになってしまうでしょう。

さらに斡旋した仕事はヤミ金の仲間なので、収入は全てヤミ金に入金される仕組みとなっており、ヤミ金にとっては『カモ』が一般的な企業で仕事をしているより非常に好都合なのです。

この場合、会社には多大な迷惑をかけることになってしまい、エスカレートすると取引先にまで迷惑が及ぶこともあります。
そうなる前に弁護士に相談するなど手を打たなくてはいけませんが、「まさかそこまで・・」を平気で実行するヤミ金ですので対応しきれないことも多いでしょう。

会社に迷惑をかけてしまった場合には、誠意を以て正直に事の顛末を報告し、きちんと謝罪をしてください。
場合によっては退職も止むを得ませんが、絶対にヤミ金が斡旋した仕事に就くのだけは止めましょう。
そしてヤミ金問題に対応できる弁護士に相談をして、ヤミ金問題から解放されましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP