ヤミ金への対処はどうすればいい?

ヤミ金への対処はどうすればいい?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

ヤミ金からの電話の督促

ヤミ金からの電話の督促

ヤミ金からの借り入れをしてしまった場合、法外な利息を請求されるでしょう。
払えなければ、昼夜問わない電話での督促が始まり、さらに家への訪問や恐喝紛いな取り立てが始まります。

ヤミ金からの電話は、無視していても何度でもかかってきます。
しかし何度も応対していても、利息を支払うまでは何度でもかかってくるのです。
つまり、無視していても応対しても、利息を払うまでは電話をかけ続けてくるということです。

また、ヤミ金は電話の督促の際に、自分たちの怖さを利用者に植え付けるために、必要以上に捲くし立てたり、舌を巻いて怒鳴りつけたりします。
気持ちを強く持ち、必要以上に怖がることなく冷静に対処しましょう。

ただし、ヤミ金の気持ちを逆撫でするような対応をすることは、心証を悪くして通常以上に当たりが強くなる恐れがあります。
明らかな恐喝があった場合には、すぐに警察に通報しましょう。

嫌がらせ行為に対する対処

嫌がらせ行為に対する対処

ヤミ金は、通常では考えられないようなことを行動に移します。
取り立ての際に近所迷惑になるほどの大声で借金の取り立てを行ったり、子どもの学校関係者に借金があるということを言い触らしたり、親族や職場に借金があることをバラして保証人になることを要求するなど、利用者本人以外に迷惑をかけるようなことを繰り返します。

また、よくテレビや映画に出るワンシーンの、家の前にビラを貼り一目で借金があるということが分かるようにしたり、友人や知人を調べて借金があることをバラすこともあります。

こういった嫌がらせに関してはなかなか先手を打つことができないため、結果的には迷惑をかけた後の対処ということになります。
場合によっては、引っ越しや転職を余儀なくされるケースも少なくありません。

親族とは縁を切ることになり、引っ越し・転職をし、迷惑をかけることを恐れて友人知人からも距離を置き、孤独な人生にしてしまうのは不本意でしょう。
そうなる前に、きちんと対処しなければいけません。

ヤミ金は常識が通用するような相手ではありません。
話し合いやこちらの要望を伝えることは、ほとんど無駄なことでしょう。

ヤミ金の取り立て

ヤミ金の取り立て

ヤミ金の取り立ては、支払うまで続きます。
「〇日、必ず入金します」と言ったところで、「今すぐ払える分を入金しろ」と言われてしまうでしょう。

金利はトイチ(10日で1割)トサン(10日で3割)、1週間で3割ということもあります。
10日に1度、1週間に1度の短いスパンでの利息の回収では、支払っても支払ってもすぐに請求されてしまいます。

払えなかった利息はそのまま貸し付けとなり、さらに利息が付きます。
それはまさに借金地獄です。

ヤミ金の取り立ては、支払うことも地獄、払わずに追いかけられ嫌がらせを受けることも地獄です。
利用してしまった以上、支払わなければいけないと考える方が多いようですが、それでは身が持たないことはすぐに実感できるはずです。

ヤミ金の貸し付けは法外な利息を要求します。
もちろんそれは、契約の時点で分かっていたでしょう。
しかし分かっていたことだとしても、日本の法律では『違法な金利の貸し付けに関しては、返済義務はない』としているのをご存知でしょうか。

つまり、ヤミ金からの借り入れは返済する必要はないのです。
利息だけではありません。元本に関しても『返済の必要はない』と判決が下ったケースが実際にあったのです。

弁護士への相談

弁護士への相談

しかし、だからと言って返済をせずに、ヤミ金からの借り入れを放置することはできないでしょう。
放置すれば嫌がらせは続くでしょうし、怖がらせるような行為も簡単にはなくなりません。
支払わなければエスカレートすることは目に見えていますし、放置することなどできないでしょう。

ヤミ金の問題を解決するには、ヤミ金に対応できる弁護士に相談をすることです。

一般的な弁護士であれば、ヤミ金問題はリスクが高いため、相談をしても依頼を受けることはないでしょう。
万が一、依頼を受けたとしても、上手くいくとは限りません。

ヤミ金に対応できる弁護士は、ある意味で“専門職”のようなものだとも言えます。
必ず、ヤミ金問題に対応できる弁護士を探して下さい。

ヤミ金は、裁判沙汰になることを嫌います。
当然ですね、違法な金利で貸付をしているわけですから、負けは目に見えています。

さらに、ヤミ金のバックには暴力団組織が存在する場合もあるため、裁判沙汰になるくらいなら、たった一人の〝カモ〟を手放すことは容易いことなのです。
「もう少し搾り取れたのに!!」などと多少悔しがることはあるかもしれませんが、固執して追い回すようなことはありません。

ヤミ金問題に対応できる弁護士に依頼をして、弁護士がヤミ金と一度話しを付けることができれば、嘘のように翌日には取り立てや嫌がらせがなくなります。
返済の義務もないため、もうそれ以上追いかけられることもないでしょう。

あまり深刻な状況になる前に、ヤミ金問題に対応できる弁護士を探して相談をしてみてください。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP