ヤミ金の利息はどれだけ高い?

ヤミ金の利息はどれだけ高い?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

ヤミ金の利息

ヤミ金の利息

ヤミ金の利息は、トイチ(10日で1割)トサン(10日で3割)などが主流でした。
トイチの場合は5万円の借り入れで10日で5千円の利息、トサンの場合は5万円の借り入れで10日で1万5千円の利息を支払うことになります。

通常、正規の消費者金融では5万円の借り入れでは上限年利が20%ですので、10日では273円の利息となります。
この差でヤミ金の利息がどれだけ高いかお分かりいただけるでしょう。

最近は、トゴ(10日で5割)週サン(1週間で3割)週ヨン(1週間で4割)の金利が増えており、さらに利息が高くなっています。
5万円の借り入れでは、トゴで10日で2万5千円、週サンで1週間で1万5千円、週ヨンで1週間で2万円の利息を請求されます。

上記は利息だけの金額ですので、これだけでは元本は一銭も減りません。
年利で1000%くらいとなりますので、もちろん出資法も利息上限法も違反しています。

しかしヤミ金は貸金業協会に登録していない非合法な貸金業者ですので、違反したからと言って貸金業法に則った罰則を受けることはありません。
ただし最高裁では、違法な貸し付けに対して一切返済する必要はないとしており、法的にはヤミ金からの貸し付けに返済する必要はないのです。

ヤミ金の貸付金額の相場

ヤミ金の貸付金額の相場

高金利の貸し付けを行うヤミ金では、実は多額な貸し付けをすることはありません。
ヤミ金の目的はお金を毟り取ることですので、“カモ”を見つけたら必要以上にお金を貸す必要はないのです。

相場は5万円以下の貸し付けとなっており、貸し付けの際に“初回利息”と称して1万5千円を差し引いて3万5千円を渡すというやり方が多くなっているようです。
つまり、10万円の借り入れがしたい場合は、ヤミ金3社から借り入れしなけえればいけないということです。

それだけ、お金を掛けずにお金を搾取したいということです。

最近は元手をほとんど掛けない“白ロム”と呼ばれる詐欺行為を行うヤミ金が増えています。
申し込み者に、『信用作り』のために携帯電話の契約をして携帯電話本体を送付することを命じ、携帯電話の本体が手に入れば連絡が取れなくなるというやり方です。

申し込み者はお金の借り入れをするどころか端末本体の料金を支払わなければならず、解約はできたとしても大きな損害になります。
また、本人が使用する目的ではなく、利用料金を支払うつもりのない携帯電話の契約は違法となっており、犯罪です。

ヤミ金の手口は年々悪質なものとなっており、被害は拡大している現状です。

違法な利息の借金は返済しなくてもいい?

違法な利息の借金は返済しなくてもいい?

ヤミ金からの借り入れに関して、『本人がその金利を分かって契約したのだから、返済しなければいけない』という考え方もできますが、ちょっと待ってください。
ヤミ金では違法な金利で貸し付けを行っており、貸金業法に違反している業者です。
貸金業協会に登録していないため、違法な貸金業者として摘発されて罰則を与えられることはあまりありませんが、これは立派な犯罪なのです。

貸金業者でお金の貸し付けを行う場合、出資法と利息上限法に則った金利を設定しなければいけません。
しかしヤミ金は出資法も利息上限法も無視した高金利を設定し、お金の貸し付けを行っています。

利息制限法には罰則はありませんが、出資法ではヤミ金のような金利の設定の仕方をした場合、10年以下の懲役か3000万円以下の罰金が科せられます。
そして出資法に違反した貸し付けに関しては契約そのものが無効となり、一切の返済が必要なくなります。

ヤミ金への返済に関しては、かつて最高裁で『返済の必要はない』という判決が下されています。
犯罪行為を犯した者に対して利益を与える必要はなく、国の法律で守る必要はない、ということです。

さらに借り入れをした元本に関しても『返済する必要はない』としており、高金利での貸し付けを全面的に否定しています。

また、ヤミ金の高金利の貸し付けでは、確実に過払い金が発生しています。
ヤミ金に対して『過払い金返還請求』を行うことは可能なのでしょうか。

第一に、ヤミ金には常識は通用しないということ。
第二に、ヤミ金に対する過払い金返還請求の手続きを引き受ける弁護士はいないだろう、ということ。

本来、過払い金は多額に発生していることは想定できますが、返還請求をするのは非常に難しいでしょう。

ヤミ金問題を相談したい場合

ヤミ金問題を相談したい場合

借金をしていることは、なかなか人には話すことができないでしょう。
親しい友人や家族であっても、できれば隠しておきたいものです。
ましてヤミ金からの借り入れに悩んでいるなど、口が裂けても言えないのではないでしょうか。

しかしヤミ金問題は非常に深刻で、一人では解決できる問題ではありません。
高い利息を支払い続けることにも限界があります。
この深刻な問題を誰に相談したら良いのでしょうか。

すぐに思い浮かぶのは、警察でしょう。
警察の場合、民事不介入ですので思うような対応をしてもらえないことも多いようです。

また、逆にヤミ金が「貸したお金を返さない」と訴えることもあり、解決に繋がらない場合が多いようです。
ただし具体的な被害があった場合には、被害届を出せば警察も動いてくれるでしょう。

しかし警察に相談をしても埒があかないという場合は、ヤミ金問題に対応できる弁護士に相談をすると良いでしょう。
一般的な弁護士では、とても『ヤミ金問題』には対応できません。
依頼をしても断られてしまうでしょう。

ですから、ネットでヤミ金問題に対応できる弁護士を探して、相談をしてください。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP