ヤミ金対策を考えてみる

ヤミ金対策を考えてみる

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

ヤミ金からの執拗な取り立て

ヤミ金からの執拗な取り立て

ヤミ金を利用した人のほとんどは、「ヤミ金だと分かっていた」と言います。
分かっていながらお金を借りてしまう背景には、多重債務や自己破産で正規の貸金業者や金融機関からはお金の借り入れができない状況があります。
自営業の資金繰りや生活費など一時しのぎのつもりでヤミ金に手を出して、ヤミ金の罠にハマってしまう方も多いでしょう。

ヤミ金の目的は、利息という名目でお金を搾取することです。
利息を回収するためには、借金がなければいけません。
だからヤミ金では、借金を完済させないのです。

トイチ(10日で1割)やトサン(10日で3割)の金利では、10万円の借り入れで10日で1万円や3万円の利息を回収されます。
10日に1度利息の回収に来ては、元本の返済をさせずに利息だけを要求します。
支払えない分は借金として加算され、元本が増えることで要求される利息はさらに増額されます。

「少し待ってほしい」と言っても、「今日中に入金しろ」「入金できる分だけ入金しろ」と入金を促し、入金が確認されるまで何度でも電話をかけてきます。
電話がダメなら自宅に訪問します。
自宅に居座っても支払われなければ、職場へ行きます。
場合によっては子どもの学校に行ったり、近所に言い触らす場合もあります。

また、親族に請求したり、職場に請求する場合もあります。
ヤミ金には常識が通用しないため、お金を支払うまで取り立てというのは名ばかりの嫌がらせが執拗に行われるのです。

ヤミ金から職場に電話が掛かってきたら

ヤミ金から職場に電話が掛かってきたら

携帯電話や固定電話に取り立ての電話が掛かってきているうちは、どんなに暴言を吐かれても引っ切り無しに電話が掛かってきても、ヤミ金の場合はまだ良い方だと言えるでしょう。

借金の取り立てに他人を巻き込むことなど、ほとんどの方は想定していません。
借金をしていることは隠したいと思うのが一般的ですし、お金の借り入れをするときに「家族や職場には内緒で」とわざわざお願いしたにも関わらず、それを逆手に取るのがヤミ金なのです。

ヤミ金にとって、利用者の弱みは取り立ての材料になってしまうのです。
『家族に知られたくない』は「家族にバラす」になってしまいますし、『職場には迷惑をかけたくない』は「職場にいられないようにしてやる」になってしまいます。

もしも職場に取り立ての電話が掛かってきた場合、最初は名指しで電話が掛かってくるかもしれませんが、いずれ上司や同僚にバラされてしまいます。
「払うから会社には言わないでくれ」と言ったところで、通用はしません。

勝手に上司に「保証人になったから代わりに払え!」と要求したり、「払えなければ取引先に要求するぞ」と脅すこともあります。
結果的には居づらくなって、退職を余儀なくされるケースも少なくありません。

嫌がらせは想定できる範囲を超えます

嫌がらせは想定できる範囲を超えます

ヤミ金の嫌がらせは、通常では考えられないところまで発展してしまいます。
親族や職場に迷惑をかけた上に、家の近所や子ども学校にまで迷惑行為が及び、職場にも家にも居られなくなる状況になる場合もあります。

職を失い収入がなくなると、今度は仕事を斡旋します。
ヤミ金が斡旋する仕事ですから、まともなわけがありません。

犯罪の片棒を担ぐような仕事をさせられ、それで得られる収入はヤミ金に回収されてしまいます。
職も家族も失った上に、人間としての尊厳まで脅かされてしまうのです。

「ちょっと借りたらすぐに返すから」そう思って利用したヤミ金のせいで、どん底よりさらに闇に堕ちたような生活をつづけなければいけないのでしょうか。

ヤミ金の困り事は弁護士へ

嫌がらせは想定できる範囲を超えます

ヤミ金の嫌がらせを受けた場合、警察に通報しても犯罪にならなければ注意喚起で終わってしまいます。
ヤミ金もバカではないので、犯罪にならないような嫌がらせを繰り返します。

本来、ヤミ金が行っている取り立て行為や嫌がらせは、貸金業法で厳しく禁止している行為です。
しかし貸金業協会に登録していない闇金は、貸金業法に違反する行為を繰り返しても、罰則を与えられることはありません。

では、どこにも助けを求めることはできないのでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。
ヤミ金の嫌がらせに困ったら、『ヤミ金に対応できる弁護士』に相談をしてください。

一般的な弁護士では、借金問題を専門にしている弁護士でもヤミ金には対応できません。
ほとんどの弁護士は“ヤミ金問題”と聞くと、詳細を聞かずに断るでしょう。
ですから、『ヤミ金に対応できる弁護士』を探して、相談するのです。

ヤミ金は、裁判沙汰になることを嫌います。
カモ(利用者)を一人逃しても、法で裁かれることは避けたいのです。
ですからヤミ金専門の弁護士がヤミ金と話しを付けることができれば、翌日には嫌がらせも取り立ても嘘のようになくなるでしょう。

ヤミ金の嫌がらせを受けたら、ヤミ金に対応できる弁護士に相談をしてください。
そしてもう2度とヤミ金など利用しないことです。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP