ヤミ金の被害に警察は対応してくれるの?

ヤミ金の被害に警察は対応してくれるの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

ヤミ金被害を警察に相談してもいい?

ヤミ金被害を警察に相談してもいい?

ヤミ金を利用して厳しい取り立てや嫌がらせ被害に遭っている場合、誰かに相談したいと思っても、家族や知り合いの方には相談しにくいかもしれませんね。
精神的な苦痛を伴い、恐怖心や罪悪感に苛まれる方が多いようです。
では、ヤミ金被害についてどこに相談をしたら良いのでしょうか?

闇金は違法な貸金業者です。
さらに脅し紛いな行為や職場への業務妨害を受ける場合もあるでしょう。
そのような場面に関しては、警察に相談をするべきです。
身に危険を感じてすぐにでも対応してほしいときには、110番通報をしてください。

しかし『ヤミ金の取り立てをやめさせてほしい』などの相談に関しては、警察が動いてくれることはほとんどないでしょう。
「違法な貸し付けにお金を払う必要はない。無視していればいい」や「ヤミ金だと分からなかったの?」などと言われてお終いということもあるようです。

仮に警察がヤミ金と話しをしてくれたとしても、逮捕するような事件でなければ注意勧告だけになってしまい、結果的にはヤミ金を逆上させての嫌がらせがエスカレートしたり、取り立てがさらに厳しくなることもあるでしょう。
ヤミ金は違法な貸し付けを行っているからこそ、警察に捕まらないようなギリギリの対応をしているのです。

相談と被害届

相談と被害届

警察にヤミ金被害に関する相談をしても、警察が動いてくれることはほとんどありません。
警察に動いてもらうためには、警察署に行って被害届を提出することです。
『被害届を出しにきました』とハッキリ伝えなければ、相談で終わってしまう場合もありますので気を付けてください。

被害届を出す前に、必ず証拠集めをしてください。
『メモ』や『録音』でも良いでしょう。
日付けと時間を明確にし、どんな取り立てがあったのか、どのような嫌がらせがあったのかを記録して下さい。

貼り紙をされた場合はその貼り紙や、督促の手紙なども証拠になります。
出資法違反や違法な取り立てなどの証拠があれば、警察も動くことができます。

警察は民事不介入

警察は民事不介入

警察は、基本的に民事不介入です。
嫌がらせがあったとしても、違法でなければ警察は動けないのです。

ですから、ヤミ金が違法な行為をしていることを証明することができる、証拠集めは重要です。
ただし、出資法や貸金業法の改正以降、ヤミ金では捕まらないように証拠を残さない方法でお金の貸し付けや回収、取り立てなどを行っています。

警察に被害届を出すために証拠集めをしようとしても、なかなか証拠を掴むことは難しいかもしれませんね。
証拠がなければ、被害届を出しても警察では動きようがありません。

精神的苦痛があっても、嫌がらせに悩んでいても、違法な行為をしたという証拠がなければヤミ金を捕まえることはできないのです。
民事不介入の壁は厚く、非常に難しい問題ですね。

また、違法な貸し付けに対して法的には一切返済の必要はないとされているため、最近ではヤミ金から借り入れをして一切返済をせず、裁判沙汰にしてヤミ金からの借金を踏み倒すという、逆にヤミ金を騙す手口も横行しているようです。

ヤミ金の被害相談は弁護士へ

ヤミ金の被害相談は弁護士へ

民事不介入の警察では、事が起きて証拠があれば動いてくれますが、そうならなければ動くことができません。
ですから即対応してくれることが期待できない場合もありますし、対応に限界がある場合もあります。

しかし弁護士は依頼があれば民事であっても引き受けますし、すぐに対応してくれます。
ですから早い対応を望んでいる場合は、弁護士に相談をすると良いですね。

ただし通常、弁護士にはそれぞれ専門分野がありますので、『弁護士なら誰でもいい』ということはありません。

では、借金問題や債務整理を専門にしている弁護士であれば、対応することができるのでしょうか。
残念ながら、借金問題や債務整理を専門にしている弁護士でも、ヤミ金に対応することはできないでしょう。

弁護士であっても、できればヤミ金とは関わりたくはないものです。
トラブルになることも予想されますし、逆恨みをされることもあるかもしれません。
また、勝算がなければ弁護士としては引き受けることを躊躇するでしょう。

では、弁護士にヤミ金に関する相談をする場合、どのような弁護士に依頼をすれば良いのでしょうか。
弁護士の中には『ヤミ金問題に対応できる弁護士』がいます。

全国でも数は少ないのですが、ヤミ金問題に対応できる弁護士に相談をすれば、ほとんどのヤミ金問題は解決することができるでしょう。
弁護士がヤミ金と接見することができれば、翌日には嘘のように取り立ても嫌がらせもなくなります。

ヤミ金にとっては、一人の“カモ”を失うことより怖いのが、法的手段を執られることです。
裁判になれば確実にヤミ金は敗訴しますし、別件で逮捕されることも有り得ます。
ですからヤミ金は、弁護士が付いている“カモ”は要らないのです。

ヤミ金問題は早めに弁護士に相談をしましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP