『債務整理をしていてもOK!』の広告はヤミ金の証拠

『債務整理をしていてもok!』の広告はヤミ金の証

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

借金できない悩み

借金できない悩み

お金が必要なのにも関わらず、お金の借り入れができない状況の方がいます。

・収入がない。
・専業主婦、学生である。
・多重債務で、これ以上の借り入れをすることができない。
・債務整理をしていて、借り入れできない。

このような場合は、金融機関や貸金業者での借り入れはできないでしょう。
しかし上記のケースであっても、お金の貸し付けをするところがあります。

『仕事をしてなくてもOK!』
『専業主婦、学生、大歓迎!』
『借り入れ6件以上でもOK!』
『自己破産をしていても可能!!』

このような謳い文句がある場合は、間違いなくヤミ金です。
この条件でお金の貸し付けをするということは、ヤミ金以外考えられません。

街中やネット上でこのような広告を見掛けるでしょう。
一見、健全な貸金業者の印象を与えているところもあれば、自ら“ヤミ金”だと宣言しているところもあります。

つまり、借り入れができない人が「ヤミ金だったら借りられる」ということを知っていて、敢えて“ヤミ金”と称しているところを利用しているケースも少なくないということです。

しかしヤミ金は、借金できない人にもお金を貸してくれる親切な人を装って、借金ができない状況につけ込んでいい〝カモ〟を探しているのです。
一度でもヤミ金から借り入れをしてしまうと、法外な利息を請求され、もう出せないというところまで搾取し尽くされます。

住むところも働く場所も失い、ヤミ金が斡旋する犯罪紛いな仕事をさせられることにもなり兼ねません。
どのような事情があったとしても、絶対にヤミ金からの借り入れをしてはいけません。

ヤミ金業者のネットワーク

ヤミ金業者のネットワーク

恐ろしいことに、ヤミ金には広いネットワークが存在していると言われています。
官報で取得した個人再生や自己破産をした人物の情報を流し、一度でもヤミ金を利用したことがある人の個人情報はヤミ金ネットワークで共有されています。

このような『お金を借りたくても借りられない人』の情報をストックし、「自己破産をしていても貸し付けすることができますよ」と勧誘して〝カモ〟にします。
例えば、夜逃げ同然でヤミ金の借金から逃げた場合、ヤミ金はネットワークを駆使して逃げた利用者を探し出します。
見つけられた〝カモ〟は、新たな土地でも搾り取られる生活が待っているのです。

ヤミ金は、お金を搾り取るためには手段を選びません。
ですから新たな情報を得るために、惜しみなく自分の情報も提供します。

つまり、一度でもヤミ金を利用したことがある場合は、事あるごとに何度でも勧誘される恐れがあるということです。

勧誘の電話や郵便

勧誘の電話や郵便

もしも自宅にお金の貸し付けに関する勧誘があった場合、ヤミ金を疑ったほうが良いでしょう。
勧誘の方法は電話やハガキ、封書の場合もあるでしょう。

そもそもお金の貸し付けに関する勧誘は、現在は違法行為となっています。
かつて、貸金業法が改正になる以前であれば、正規の消費者金融でも過去の利用者に対して借り入れの勧誘は行われていました。

しかし現在では、正規の貸金業法で借り入れの勧誘をすることはありませんので、もしも電話や郵便などで勧誘があった場合にはヤミ金だということが考えられます。

もしもそのような勧誘があった場合には、完全に無視をして下さい。
電話の場合は何度もかかってくるかもしれませんし、半ば強引に「5万でいいから使ってくださいよ~」などと推してくることがあるかもしれませんが、絶対に色好い返事をしてはいけません。
ヤミ金に社交辞令は通用しませんので、一貫して完全無視を通して下さい。

完全無視を貫くことで、ヤミ金もそんなに暇ではありませんので、脈のない人を相手にいつまでも時間を割くことはありません。
勧誘に関しては、ヤミ金に諦めさせることが重要です。

ヤミ金で困ったら弁護士に相談

ヤミ金で困ったら弁護士に相談

ヤミ金は無登録で非合法な貸金業者です。
もちろん常識など通用しません。
ですから万が一、魔が差してヤミ金から少額でも借り入れをしてしまった場合、確実に“カモ”にされてお金を搾り取られます。

自己破産をした人や多重債務の人の場合には、どこからも借り入れできないことで「大丈夫ですよ、貸してあげますよ」と言われることが、親切で優しいと感じられるかもしれません。
しかしそれは地獄の入り口です。
これ以上借り入れできない人に対してお金の貸し付けをするということは、非常に残酷で無責任なことです。

ヤミ金からの借金を背負って、支払えない利息と強硬な取り立て行為に悩まされている場合には、ヤミ金に対応できる弁護士に相談をしてください。
一般的な弁護士では対応することはできませんので、必ずヤミ金に対応できる弁護士を探してください。

そもそも違法な金利の借り入れに関しては、法律で『返済義務はない』としています。
元々返す必要のない借金ですので、法律の専門家に間に入ってもらうことで、ヤミ金の取り立ては嘘のようにストップします。

長引くほどに取られる金額は増えるばかりです。
早めに相談をして、対処してもらいましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP