うっかりヤミ金に申し込みをしてしまったら・・・

うっかりヤミ金に申し込みをしてしまったら・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

ヤミ金の勧誘は無視!

ヤミ金の勧誘は無視!

過去にヤミ金からお金の借り入れをした経験のある方や、民事再生や自己破産をした方は、ヤミ金から貸し付けの勧誘を受ける場合があります。
一度でもヤミ金を利用したことがある人の個人情報は、ヤミ金ネットワークで情報が回され、共有された情報からお金の貸し付けの勧誘を行うのです。

また、民事再生や自己破産をした方の場合、手続きをすると官報に個人情報が掲載されるため、ヤミ金ではその情報から勧誘を行います。
『ブラックでもOK!』『自己破産をしていても貸し付け可!』などの内容で、郵便物が届いたり電話がかかってくることもあるでしょう。
正規の貸金業者でお金の借り入れができない人を狙った悪質な手口ですので、弱みに付け込まれても絶対に利用しないことです。

このような勧誘は、無視していればいずれなくなります。
ヤミ金も、反応のない人をいつまでも相手にするほど暇ではないようで、新たな“カモ”を見つけたほうが効率が良いということでしょう。

しつこく電話がかかってくる場合には、電話に応じず無視を続けることがベストです。
間違っても「しつこいから少しだけ借りるわ」などと、お金を借りるようなことをしてはいけません。

また、お金が必要であっても、ヤミ金を利用するのだけは絶対にやめましょう。

ヤミ金の申し込みをキャンセルしたいとき

ヤミ金の申し込みをキャンセルしたいとき

知らずに申し込みをしたらヤミ金だった!という場合、ヤミ金をキャンセルすることはできるのでしょうか。

ヤミ金が、黙ってキャンセルさせるということは、まずないでしょう。
住所や勤務先などの個人情報を伝えてしまったあとでは、不安も多いでしょう。

ヤミ金では、申し込みのキャンセルに対して『キャンセル料』を請求する場合があります。
ほとんどは申し込み金額の50%程度と非常に高額で、違約金や手続き手数料などという名目で請求する場合もあります。

請求された場合、絶対に支払ってはいけません。
一度でも支払えば、様々な名目で次々お金を請求してきます。

相手はヤミ金です。
「お金を出す」と分かれば、結果的にはお金を借りたのと同じように“カモ”にされてしまいます。
重要なのは“絶対に払わないこと”と、「払いません」という毅然とした意思表示です。

「払いません」と言えば、凄んだり脅すような言葉があるかもしれませんが、そこで負けてはいけません。
ヤミ金にとって『絶対に払わない!』と頑として引かない対応は、非常に面倒で苦手な相手なのです。
支払わない姿勢を貫いてください。

尚、口座番号を知らせてしまった場合には、『押し貸し』と言って勝手に口座にお金を振り込む場合がありますので注意が必要です。
すぐに入金されていないかを確認して、もしも入金が確認できた場合はヤミ金に対応できる弁護士に相談をしましょう。

メール申し込みに電話がかかってきたら

メール申し込みに電話がかかってきたら

ヤミ金の申し込みをホームページのメールフォームで行った場合、申し込みを受けてヤミ金から電話がかかってきます。
しかしメールを送信してから「ヤミ金だ!」と気付いてキャンセルしたい場合、どうしたら良いのでしょう。

電話に応じて「キャンセルしたい」と話した場合、上記のようにキャンセル料を請求されることになります。
間違ってヤミ金に申し込みをしてしまった場合、なるべく関わらないことが重要です。
関われば関わるほど、ヤミ金は安心して請求を繰り返します。

ヤミ金にとっては、相手の素性を知った方がやりやすいのです。
ですから、もし万が一うっかりメールで申し込みをしてしまって、ヤミ金から電話がかかってきた場合には、徹底して無視をしましょう。

ヤミ金にとって、相手が何者なのか分からないということは不安材料にもなります。
また、何度電話をしても繋がらない相手に対応しているうちに、別の申し込み者に対応しなければいけなくなりますので、いつまでも続くということはないでしょう。

しかし気になるのは、申し込み時に記入した『個人情報』ですね。
万が一、嫌がらせや迷惑行為があった場合には、ヤミ金に対応できる弁護士に相談をしてください。
警察は民事不介入ですが、被害の内容によっては被害届を受理してもらうことができます。

ヤミ金に渡った個人情報

ヤミ金に渡った個人情報

ヤミ金に個人情報を教えてしまった場合、ヤミ金にはその記録がしっかり残ってしまいます。
個人情報はヤミ金ネットワークで共有されるため、申し込んでいないヤミ金からも電話がかかってくる可能性があります。

ヤミ金では、とにかく利用者からお金を搾取することだけを考えています。
ですから、キャンセルをしたとしても、どうにかお金を毟り取ろうと嫌がらせや脅しの手を緩めません。

一番良い方法は、ヤミ金を相手にしないこと。
何度電話がかかってきても、無視し続けることです。

しかしその場合、申し込みの際に個人情報をヤミ金に知られていると、「自分が無視をすることで職場に電話をかけられたり、親族に迷惑をかけることがあるかもしれない」という不安は拭えないでしょう。
実際に申し込み者の対応に逆上して、職場に嫌がらせの電話をしたという例もあります。

そのような場合には、警察署へ行って相談をし、警察官の目の前でキャンセルの電話をかけましょう。
「いま警察にいます」と言っただけで電話が切れて二度と電話がかかってこなくなるケースもありますし、警察官に電話を代わって口添えしてもらうことで嫌がらせがなくなるケースもあります。

それでも嫌がらせ行為が続く場合は、やはりヤミ金に対応できる弁護士に相談をしましょう。
ヤミ金は、裁判沙汰になることを避けたがります。
弁護士が交渉をすれば、すぐにでも嫌がらせ行為はなくなるでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP