闇金からの借金は払えないとどうなるの?

闇金からの借金は払えないとどうなるの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

闇金の取り立て

闇金の取り立て

闇金は、法外な金利で貸付をする非合法な貸金業者です。
実は、違法な貸し付けに対する返済義務は法的に認められませんので、本来返済をする必要はありません。

これはかつて最高裁での判例があり、実際に利息だけでなく借り入れした元本も返済する必要はないという判決がくだされたのです。
ですから『返済できない』『利息の支払いができない』という状況になっても、法的には全く問題はありません。
しかしそれは“法的には”であって、“闇金では”問題が大ありです。

闇金では法外に高い金利を10日に1度回収します。
この支払いが1日でも遅れようものなら、支払われるまで何度でも電話をかけてきます。

「もう入金したか?」「いくら入金できる?」「早く入金しろ!」「いつ入金するんだ!!」
電話口からは、怒声しか聞こえなくなるでしょう。

「家族には内緒にしてほしい」とお願いしていれば「家族にバラしてもいいのか!」と脅し、職場にバラすことをほのめかし、実家や親族、友人知人など、聞き取り調査で申告した全てが脅しの材料になるでしょう。

脅しのうちはまだいいですね。
結果的には家族にバラされ親族にお金の請求をし、職場にまで電話をかけてきます。
最悪のケースでは、子どもの学校にまで電話をして借金のことをバラします。

闇金の取り立てを甘く見てはいけません。
法的に支払う必要はないとされている闇金の借金ですが、だからと言って返済しなければ大変な目に遭います。

最近は法律を逆手にとって計画的に闇金からの借金を踏み倒すケースもあるようですが、そうしたケースを闇金側から詐欺罪で訴えた例もあるようです。

執拗な取り立ての解決方法

執拗な取り立ての解決方法

結論から言いますと、個人ができる解決方法はありません。
電話を無視したり払わない状態が続いた場合、家族に対して脅し同様の取り立てを行います。

さらに親族や実家に電話をかけて利用者に借金があることを伝え、「保証人になっている」と嘘をついて返済を要求します。
親族や実家が返済することを渋った場合は、親族や実家にも脅しや嫌がらせ行為が始まります。

例え、ここで利用者が利息を支払ったとしても、親族への要求を緩めることはありません。
闇金はお金を取れるところからは、いくらでも搾取します。

さらに職場に電話をして借金があることをバラされて、同僚や上司に「あんたが代わりに払え!」と要求することもあります。
実際に闇金の取り立てが原因で職場に居づらくなり、退職を余儀なくされたケースは少なくないでしょう。

自分で解決しようとすればするほど拗れ、周りに迷惑をかけることになってしまいます。
ですから「自分で解決しよう」などと思わないことです。

警察に相談

警察に相談

自分で解決できないのであれば、どこに相談をしたら良いのでしょう。

まず思い浮かぶのが“警察”ではないでしょうか。
闇金の相談をする場合は、警察署の生活安全課に出向きます。

警察は基本的に民事不介入なので、『借金をした→返せない→取り立てがキツい』だけでは動いてくれません。
むしろ「借金をしたら返さなくちゃいけないよ」と諭されるかもしれませんね。

例えば“法外な金利”であることなどを証明できる証拠があれば良いのですが、闇金では証拠が残る契約書などを作ることはありません。
しかし電話のやり取りを録音したり、家の周りに借金をしていることをバラす内容の貼り紙などをされた写真など、証拠になるものがあれば持参すると良いですね。
そして「闇金に電話で警告してほしい」や「家の周りをパトロールしてほしい」など、具体的にやってほしいことをお願いした方が良いでしょう。

また「相談があるのですが」と言わず、「被害届を出したいのですが」と言えば警察が動く可能性が高くなります。

ただし、警察が闇金問題を刑事事件として立件するには、取り立てをされたくらいでは難しいでしょう。
きちんと解決できる保証もありません。
場合によっては、闇金に逆恨みされることもありますので、注意が必要です。

弁護士に相談

弁護士に相談

刑事事件でなくても動いてくれるのが、法律の専門家である弁護士です。
弁護士は警察と違って弁護士費用がかかりますが、闇金問題を専門としている弁護士に依頼をすれば、ほとんどの闇金問題を解決することができます。

なるべく状況を細かく説明できるようにし、録音や写真があれば提示してください。
弁護士が闇金と交渉することができれば、すぐにでも取り立てはなくなります。
それくらいの効力がありますので、闇金問題で悩んでいる方は闇金専門の弁護士に相談をしてください。

ただし、一般的な弁護士に依頼をしても、逆恨みやトラブルを恐れて依頼を受けるところはないでしょう。
また、万が一受任したとしても、上手くいくとは限りません。
闇金問題の依頼は、闇金問題専門の弁護士に行うことをお勧めします。

ただし、闇金と組んだ悪徳弁護士に引っ掛からないように、気を付けなければいけません。
ホームページの内容などを参考にして、具体的な案件や実績などの掲載がある法律事務所が良いでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP