闇金の即日融資

闇金の即日融資

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

ブラックでもOK!は間違いなく闇金

ブラックでもOK!は間違いなく闇金

“ブラック”とはいわゆるブラックリストに載っている人のことで、正確には信用情報機関に事故情報が登録されている人のことを指します。
信用情報機関では借金に関する個人情報を管理しており、事故情報とは返済の滞納や債務整理をした人のことです。

“ブラックでもOK!”とは、つまり『一般的な貸金業者では借り入れできない人でも貸し付けOKですよ!』という意味です。
法的に『事故情報の登録がある人には貸し付けしてはいけない』という規制はありません。
ですからそれが法的な借り入れの制限になるわけではありませんが、一般的には“審査の結果、貸し付けをすることができます”ということはあっても、“ブラックでもOK!”や“ブラック大歓迎!”などということはありません。

信用情報機関に事故情報の登録がある場合、通常は金融事故の内容によって一定期間はお金の借り入れをすることができないのが一般的です。
“ブラックでもOK!”という記載を見たら、それは間違いなく闇金です。
絶対に借り入れしてはいけません。

即日融資で翌日返済

即日融資で翌日返済

闇金融でお金の借り入れをする場合、『信用作り』のために要求されることがあります。
最近増えている闇金の手口に、先に“携帯電話の契約”をさせるというものがありますが、この手口では携帯電話を契約させて闇金宛てに送付させ、以降連絡が途絶えるということも少なくありません。

では見出しになっている『即日融資で翌日返済』とは、どのような手口なのでしょう。

闇金では申込者に対して、申し込みの際に希望金額を訊きます。
仮に30万円を希望したとします。
しかし闇金は、すぐに30万円を振り込むようなことはしません。
まず1万円を振り込み「信用作りのために、明日2万円振り込みをしてください」と言います。
そして言われた通りに1万円の振り込みに対して2万円の振り込みをすると、翌日には2万円振り込みをして3万円の振り込みを要求してきます。
さらに3日目には3万円の振り込みに対して4万円の振り込みを要求し、4日目には4万円の振り込みに対して5万円の振り込みを要求します。

何度かこうしたやり取りがあり、「十分な信用作りができましたので、貸し付け金を振り込みますね」となったときには、「既に10万円の貸し付けをしていますので、残り20万円を振り込みます」となるのがこの手口です。

元々、闇金ではあまり大きな金額の貸し付けをしないところが多いのですが、この例では4日間で10万円の振り込みに対して14万円の返済をしていることになります。
しかし14万円の返済はカウントされず、貸し付け金は30万円として返済がスタートします。
つまり、14万円は利息として振り込んだ金額だということです。

10万円に対して4日間で14万円の利息が付くということは、この例では金利486%になってしまいます。
闇金の信用作りほど、不毛なものはありませんね。

闇金の利息は何%?

闇金の利息は何%?

上記の『信用作り』では、年利にすると486%となってしまいます。
利息制限法では、貸付金額によって上限を15~20%と定めておりますので、年利486%が如何に高金利であるかが分かりますね。
闇金は非合法な貸金業者ですので、利息制限法など全く関係ありません。

では通常、闇金ではどれくらいの利息でお金の貸し付けを行っているのでしょうか。
闇金では、トイチ(10日で1割)トサン(10日で3割)トゴ(10日で5割)などで貸付を行っており、10日に一度利息の回収が行われます。
これを年利に直すと『トイチ=年利365%』『トサン=年利1095%』『トゴ=年利1825%』となりますので、金利の高さが分かりますね。

闇金の審査

闇金の審査

闇金ではブラックでも多重債務者でも、かまわずお金の貸し付けを行います。
闇金にとって、利用者はお金を搾取する“カモ”でしかありません。

しかし自己破産をした人や多重債務者にお金の貸し付けをしても、お金を搾取することなどできないと考えるのが一般的ですよね。
そこが闇金の審査の重要なところです。

闇金は、ブラックでも多重債務者でもお金の貸し付けを行いますが、だからと言って誰でも彼でも審査に通るわけではありません。
確実にお金を搾取するために、闇金なりの審査があります。
本人の住まいがあり、勤める職場があって収入があり、家族や親族、友人や知人が多いほど審査に通りやすいでしょう。

というのも、闇金にとってお金を搾取する対象は、利用者本人だけではないということです。
利用者の家族や親族からもお金を巻き上げることはありますし、弱みとして『職場や友人や知人にバラす』という切り札も必要です。
ですから闇金にとっては、ブラックであろうと多重債務者であろうとお金を巻き上げられる親族がいて、それなりの職場があれば大きな問題はないのです。

ただし、最近は闇金が逆に詐欺行為に騙される事件が多く、そもそも“違法な貸し付けに対して返済をする必要はない”という法律を盾に嘘をついて闇金から借り入れをする方が増えていますので、闇金も貸し付けには慎重になっているようです。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP