闇金の申し込みに必要な身分証明書

闇金の申し込みに必要な身分証明書

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

審査には身分証明書が必要

審査には身分証明書が必要

闇金は、非合法で悪質な貸金業者です。
法外な高い利息を回収し、親族や職場にまで取り立てを行い、嫌がらせや迷惑行為を繰り返します。

自己破産をしていようが多重債務者であろうが、正規の貸金業者では借り入れできない人が対象となり、闇金にとってはいい“カモ”となってしまうのです。
信用情報機関ではブラックな人こそが、闇金の利用者として狙われています。

そんな闇金ですから『誰にでも貸し付けをする』という印象を持つ方が多いようですが、実際にはそんなことはありません。
実は闇金にも、申し込み者に対する審査があります。

・身元の確認ができるか
・親や親族などはいるか、連絡先は分かるか
・仕事をしているか
・申告に嘘はないか

ほとんどの闇金では、上記の4つのポイントを押えるようです。
そして身分証明書のコピーの提出が要求されます。

身分証明書として有効なもの

・運転免許証
・住民基本台帳カード
・パスポート

闇金ではとにかくお金を搾取することを目的としていますので、『逃げられない』ということが審査の最優先になります。
さらに本人以外に請求をすることができる親族が近くにいることや、親族の連絡先を提示できるかということも重要です。

返済のためには仕事をしていることが理想的ですが、本人を脅す際に弱みとしても利用することができる職場は、最終的には乗り込んで嫌がらせをすることにも利用できます。
このように闇金の審査は、一般的な正規の貸金業者の審査とは大きく異なります。

健康保険証は身分証明書にはならない

健康保険証は身分証明書にはならない

以前は当たり前のように身分証明書として認められていた『健康保険証』ですが、現在は巧妙な偽造のより、身分証明書として認めない場合があります。
『健康保険証以外の身分証明書を持っていない』という方もいますので、身分証明書として利用できる場所もありますが、一部の消費者金融や闇金では既に身分証明書として認めていないところも増えています。

偽造された健康保険証は架空名義のもので実際に存在しないため、闇金が貸し付けをしてしまうとどこにも請求することができません。
健康保険証には顔写真がないため、架空名義で借り入れをしようとしても全く判断が付きません。

最近『闇金は違法な貸し付けなので、返済する必要はない』ということが広く知られているため、簡単に借り入れをして踏み倒そうとする人が増えているのも現状です。
その際、本名で借り入れをして逆恨みをされることを避けるために、架空名義で架空の人物になり切って借り入れをして、借りた借金を踏み倒して逃げるという行為が増えています。
どっちもどっちと言ったところですが、そのようなことを避けるために、闇金の一部では健康保険証を身分証明書として認めていないのです。

運転免許証の偽造を勧められたら

運転免許証の偽造を勧められたら

身分証明書と言えば『運転免許証』を利用する方が多いですね。
運転免許証もまた、偽造免許証を簡単に作ることが可能です。
運転免許証の場合は顔写真も掲載しますので、信用度も高くなります。

上記の『健康保険証の偽造』のところでもお話ししましたが、身分証明書を偽造して闇金からの借金を踏み倒し、小銭を稼ぐ輩が急増しています。
そういった人たちは、いくつもの偽造身分証明書を持っていますので、当然のように架空人物の運転免許証も持っています。

しかし闇金では、利用者に偽造運転免許証を作成させて他社からお金の借り入れをさせて返済させるという、卑劣な行為を行っていますので、偽造運転免許証を偽物だと見破ることができる場合もあります。

また、いくら闇金だとは言え、運転免許証を偽造してお金の借り入れをした場合、当然ですがそれは立派な犯罪となります。
詐欺罪に当たり、刑法で定められた刑罰は10年以下の懲役となります。
罰金刑はなく、そのため初犯であっても執行猶予がなければ、すぐに刑務所行きとなってしまいます。

住民票は身分証明書になるのか

住民票は身分証明書になるのか

意外と知られていませんが、「身分証明書になるものが何もない」という方は住民票でも身分証明書としては有効です。
また役所では、写真付きの市民カードの発行も可能です。
闇金に提出する身分証明書として利用することも可能です。

闇金からの借金を踏み倒す計画は、褒められたことではありません。
身分証明書を偽造すれば犯罪にもなりますし、場合によっては闇金に恨まれて追われる身となってしまいます。
しかし闇金に対して真摯な対応でお金の借り入れをして、お金を毟り取られることも避けなければいけないことです。

闇金には審査がありますが、それは『どれだけこの人物からお金を搾取できるか』『搾取することができる親族がいるか』を量るものです。
利用者に身分を証明させて、逃げられないことを確認して、その上で微々たるお金の貸し付けを行うのが闇金です。
微々たる貸し付け金から法外な利息を搾取し、取るものが無くなるまで執拗に取り立てを行うのです。
どんな理由があっても、絶対に闇金を利用してはいけません。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP