債務整理記事一覧

基本的に借金を整理する方法としては司法書士や弁護士などの法律の専門家に依頼して債務整理をおこなうのがもっとも迅速に解決できる方法です。法律がかかわってくるような借金問題は素人がひとりで悩んでいてもなかなか前に進むことはできないばかりか、時間がたつ分ますます利息がかかってきますので借金の金額が増えるばかりでどうにもならなくなります。ですのでできるだけ早く専門家へ相談するほうがよいでしょう。その債務整...

お金がどうしても必要な時貸してくれる消費者金融などの存在はありがたいものですが、それを繰り返しすぎて借金が多額になってしまったら、今度は日常生活にも影響が出てしまいます。そんな時に法的に借金の問題を掻けるする方法が、債務整理です。債務整理は借金の整理を行うこと全般を指していますが、その中にも返済方法などの違いがあります。すべての借金を支払わなくて良くなる自己破産、借金の額を最大で10分の1にまで減...

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産といった種類がありますが、そのうち個人再生は最も複雑な手続きであると言われています。個人再生は民事再生と呼ばれることもあります。民事再生をすると借金をおよそ5分の1程度にまで減らせると言われていますが、これは正確ではありません。100万円以下の借金は、いっさい減らすことができません。100万円〜500万円の借金は、100万円にまで圧縮することができます。50...

借金の整理を行う債務整理の中でも、自己破産は「全ての借金を支払わなくても良くなる」という大きなメリットを得ることができる方法になります。あまりいいイメージがない方法かもしれませんが、借金がなくなることで生活を立て直すことも容易になりますので、多額の借金で悩んでいる人にとっては救いの方法であるとも言えるのです。自己破産を行いたいという場合には、裁判を行わなければいけません。裁判所が収入や資産、借金の...

過払い金の返還請求にかかわる弁護士などのCMが増えています。でははこの過払い金とはどいうものなのでしょうか、なぜこのようなことが起きたのでしょうか。説明していきたいと思います。キャッシングと言われる消費者金融でお金を借りる場合、当然その利息を返済していかなくてはいけません。しかし、その利息が法外であれば返済不能に陥り社会の混乱を招くため法律でその利率の制限が行われています。しかし、その法律が利息制...

債務整理にはいくつかの種類があります。最も多くの人が聞いたことがあるのは、自己破産ではないでしょうか。自己破産を選択することにより、借金の返済が免除されます。しかし、それ以外にも任意整理や個人再生、そして特定調停という方法もあります。任意整理は、債権者と債務者とが直接交渉することにより、返済額の減額を目指すというものです。任意整理は、債務整理の中でも、最も手続きを行う人が多いと言われている手続きで...

クレジットカードでのキャッシングやローンカードの毎月の支払から、借金の返済に苦しみ、債務整理を決断する人も多いのではないでしょうか。ほとんどの人は債務整理や任意整理を行った経験が無いのが当たり前ですから、債務整理を決断するまでに苦悩し、ついに決断した後、さてどうやって債務整理をしたらいいんだろうと戸惑うものです。しかし流れを理解してしまえば決して複雑なものではなく、さらに信頼できる弁護士に依頼する...

債務整理のうち、最もよく利用されるのが任意整理です。自己破産をすれば借金はゼロにできますが、デメリットもとても大きいので、利用する人はそれほど多くはありません。債務整理をすることで「借金をどのくらい減らせるのか」、「毎月の支払いはいくらになるのか」ということは、弁護士や司法書士に相談をしてみないとわかりません。なぜなら、ケースバイケースで対応が変わってくるからです。認定を受けた司法書士なら、140...

債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生、過払い金請求などの手続きの方法があります。この中で最も重い手続きといえば自己破産です。裁判所に破産の申し立てをして免責が許可されれば借金がゼロになります。返済が免れるので督促によるストレスや将来への不安なども払拭されて新たに人生をやり直すことができます。しかし、借金がなくなるという多くなメリットがあるということはデメリットももちろんあります。国が発行して...

債務整理の中には民事再生という選択肢が存在します。民事再生は、住宅などを維持した状態で返済を続けるというもので、減額した債務を3年間返済することができれば住宅ローン以外の債務に関しては返済義務がなくなるというものです。これにより、債務整理のために家を失うといったことがなくなり、安心して債務整理を行うことができるようになります。そして、自己破産などをすることで一定の職業に就けない制限が課されることも...

民事再生は債務整理の1つです。この債務整理は住宅ローンを抱えている方が、借金問題を解決する際にメリットが大きいと言われています。債務整理の1つ自己破産の場合、住宅ローンを含む他のローンの返済義務も無くなります。ですが家や土地などの財産も、全て手放さなければいけません。一方、民事再生の場合は住宅ローンは残しつつ、他のローンや借金を整理出来るのが特徴です。この方法であればマイホームを維持しつつ、借金を...

自己破産をすると借金が0になるというのは、本当です。しかし、すべての借金を帳消しにするので、当然ですが、大きなデメリットも存在します。債務整理のうち、最もよく利用されているのは任意整理という手続きになります。任意整理では、利息と遅延損害金をカットできるだけになりますが、それでも総合的なメリットが一番大きいので、任意整理がよく利用されています。自己破産をすると、すべての借金は帳消しになりますが、連帯...

多額の借金を抱え、返済することが出来なかった場合に行うことにより、返済負担を軽くすることが出来る手続きがあります。それが、債務整理という方法です。任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4つの方法がある中で、最も行う人が多いのが任意整理という方法です。この方法は、借金を返済しなくても良いという手続きではなく、借金の減額を債権者と債務者が話し合い決定し、減額された金額を3年から5年の返済期間で完済を...

カードローンを利用していますと、金利負担が大きな重荷になります。安い金利ならば、長期間の返済をすれば良いのですが、リボ払いという分割返済の場合には、日割りで金利計算がされ、長期間で返済しようとすればするほど、金利負担が高まるのです。カードローンやキャッシングの利用をする場合には、しっかり返済できるか否かの審査をされます。貸金業者としては、しっかり返済できる能力がある人でなければ、融資しようとも思わ...

長い間、金融機関、消費者金融との間で借入がある場合、利息を払いすぎている、いわゆる過払い金が発生している可能性があります。このため、過払い金があるのではないかと考えている人は払い戻し請求をすることが求められます。ただ、そうしたものは自らが行うというのはあまり現実的ではなく、心労なども色々とかかることになります。まずは専門家に相談し、どこから手を付ければいいのかを探ってみることが大事です。相談する専...

2010年6月に、改正された貸金業法が完全施行されました。この改正の中で重要なのが、総量規制の導入とグレーゾーン金利の撤廃です。総量規制は年収の3分の1以上の貸し出しを禁止する法律です。消費者金融や信販会社など、銀行以外の業態の会社に適用されます。総量規制が導入されたことによって貸金業者が貸し出せるお金が減少したため、会社の貸付残高が減少することとなりました。グレーゾーン金利とは、適用される利息制...

借金問題で苦しんでいる時に頼りになるのが弁護士といった専門家で、債務整理の手続きを依頼することができます。悩みの原因をすっきり解消するための手助けをしてくれますし、無事に問題を解決できた例も沢山あるのです。ただ専門家に相談をする際にはよく選ぶようにしましょう。どこに頼んでも似たような結果になりそうに思われるかもしれませんがそうではありません。例えば対応が遅くてなかなか不安がなくならない、電話をして...

債務整理の相談は、弁護士にするのが一般的です。しかし、司法書士に依頼をしたほうがメリットが大きくなるケースもあります。認定を受けた司法書士の場合、140万円以下の借金について、代理人となって交渉ができます。過払い金請求についても、140万円以下ならば、代理人になって請求ができます。任意整理のケースなら、多くの場合に、司法書士への依頼が可能となるでしょう。よくある誤解として、「借金の総額が140万円...

債務整理は借金が多くなってしまい、返済に困ったり毎日の生活が苦しいという時に利用することができるもので、法律に則って借金の総額を圧縮することができたり、借金自体をゼロにすることができるものです。借金に苦しんでいる人には、ぜひ考えてみてほしい方法なのですが、債務整理を行うためにはお金がかかってしまいます。自分一人で行う場合にも個人再生や自己破産を行う場合には裁判になりますので、そのための費用なども掛...

債務を整理する方法には、4つの手続きがあります。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産です。それぞれ特徴がありますので概略をみてみましょう。任意整理は、裁判所が係わることなく各債権者との話し合いで債務整理していくものです。当事者同士では不穏当になりがちですので弁護士や司法書士など代理人を立てて行います。特定調停は、簡易裁判所への申し立てにより各債権者との話し合いで行います。個人再生は地方裁判所へ申...