任意整理について

お金がどうしても必要な時貸してくれる消費者金融などの存在はありがたいものですが、それを繰り返しすぎて借金が多額になってしまったら、今度は日常生活にも影響が出てしまいます。

そんな時に法的に借金の問題を掻けるする方法が、債務整理です。

債務整理は借金の整理を行うこと全般を指していますが、その中にも返済方法などの違いがあります。

すべての借金を支払わなくて良くなる自己破産、借金の額を最大で10分の1にまで減らし、3年で返済を行っていく個人再生、自分で借金の返済を今まで通りに行うところ、借金の整理を行うところを決めて借金の利子をカットしたり過払い金の返還請求を行って、借金の総支払額を減少させる任意整理の3つに大きく分けることができます。

この中で自己破産と個人再生は借金の総額が多い人ほど大きなメリットを得ることができるものですが、裁判を行わなければならず、全ての借金が対象になるため、今乗っているけれどローン返済中の車や、連帯保証人がついている借金もすべて対象となってしまいます。
その場合には車が引きあげられてしまったり連帯保証人が借金の返済を行わなければならなくなってしまうという不都合が生じてしまうため、「車は手元に残しておきたい」「連帯保証人に迷惑はかけられない」という場合には、任意整理が適した債務整理の方法となります。

任意整理のメリットは、自分で借金の返済を今まで通りに行うところと、整理をしてしまうところを選ぶことができるという点です。

例えば車は仕事を続ける上でどうしても必要なので手放したくない、というような場合には、車のローンは今まで通りの支払いを行うことを選択することで手元に残すことができます。
その他のクレジットカードの利用代金や消費者金融からの借入を整理することによって、毎月の返済額を減らしたり、借金の総額を減らすことができる可能性が出てくるのです。

特徴としては、自己破産や個人再生のように裁判ではなく、話し合いを行うという点です。

過払い金の返還をしてもらい借金の残債の返済に充てたり、将来利息をカットして元本だけの返済にしたり、毎月の返済額や完済までの支払い年月を決めるというようなことも、全ては債権者と債務者、または債務者の代理人との話し合いによって決定されます。

話し合いによってほとんどのケースで過払い金の引き直し計算や将来利息のカットを行った残債を、2~3年かけて毎月払いで支払っていくことになります。
この場合、以前のように引き落としではなく、債権者が用意した口座に毎月直接振り込むことになります。
1回程度ならば支払いが遅れても問題ありませんが、複数回の遅れがある場合にはせっかくの和解が無効になり、借金が全て復活してしまうことにも注意が必要になります。

任意整理は書類を揃えて話し合いを行うことができれば、弁護士や司法書士などの法律のプロにお任せすることなく自分で行うことができるため、借金整理のための費用が削減できるというメリットがありますが、債権者側は任意整理を何度も行っているプロのため、場合によっては不利な条件で和解をしてしまう可能性があります。

費用はかかってしまいますが、手間もかかりませんし安心してお任せすることができる弁護士や司法書士に依頼してしまった方が気分も楽になるのではないでしょうか。

任意整理の注意点としては、今まで使っていたクレジットカードが使えなくなってしまったり、新たに融資をしてもらうことができなくなってしまいます。
これは個人信用情報に事故情報として掲載されてしまうため、その情報が消えてしまう5年~10年はクレジットカードの作製、消費者金融の利用、分割払いでの車などの購入ができなくなってしまい、必要なお金は全て現金で用意しなければならなくなってしまいますので、注意が必要となります。

«
»