民事再生について

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産といった種類がありますが、そのうち個人再生は最も複雑な手続きであると言われています。個人再生は民事再生と呼ばれることもあります。

民事再生をすると借金をおよそ5分の1程度にまで減らせると言われていますが、これは正確ではありません。100万円以下の借金は、いっさい減らすことができません。100万円~500万円の借金は、100万円にまで圧縮することができます。500万円~1500万円の借金は、5分の1まで減額ができます。例えば、1000万円の借金がある人なら、その5分の1の200万円まで借金を圧縮できます。

さらに、1500万円~3000万円の借金なら、300万円まで圧縮できます。3000万円~5000万円の借金なら、10分の1にまで減らせます。住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円を超えている場合には、民事再生は利用ができません。その場合には、自己破産という選択肢をとることになるでしょう。

このように、借金の金額が大きいほど、減額できる割合が増えますので、メリットが出てくることになります。ケースバイケースですが、200万円以下の借金では、任意整理をしたほうがメリットがあるでしょう。

住宅ローンの特別条項があることも、大きな特徴です。住宅ローンについてはいっさい減額ができませんが、それ以外の借金を大きく減額することで、住宅ローンを返済できるようになるなら、マイホームを残したまま民事再生をすることができます。住宅ローンの減額はできないので、住宅ローンの返済そのものに困っている場合には、解決ができません。

減額した後の借金は、原則として3年で返済をしていくことになります。経済的な事情などで、3年で返済をすることが困難な場合には、5年まで延長をすることができます。場合によっては、それ以上に延長ができるケースもあるようです。

民事再生では、資産を没収されないこともメリットになります。自己破産をすると、資産価値のあるものはすべて没収されてしまいますので、失いたくない資産がある場合には、こちらの方法をとることになるでしょう。

例えば、親からもらった1000万円の価値がある土地を失いたくないという場合で考えてみます。借金の金額が1500万円ならば、5分の1の300万円まで圧縮することができます。しかし、1000万円の土地を保有しているので、債権者としては、「その土地を売却して借金を返済してほしい」と思うでしょう。この場合には、保有資産が1000万円あるので、それ以下に減額をすることができません。1500万円の借金は、1000万円まで減額することができます。

民事再生をすると、5年~10年間ブラックリストにのってしまうというデメリットがあります。信販会社の審査にはおよそ5年間影響します。5年間は、クレジットカードやカードローンが契約できなくなりますので、なるべく貯金をしておくようにしましょう。プリペイドカードやデビットカードならほとんど審査なしで持てるので、それほど不便はないかもしれません。賃貸契約時の保証会社の審査にも影響することがあるので、注意が必要です。銀行の審査には10年間影響するので、住宅ローンなどは10年間は組むことができません。

債務整理をする時は、まずは弁護士に相談をしてみて、よく説明を聞くことが大切です。弁護士のアドバイスを受けてから、どの方法をとるのが一番自分にとってメリットがあるのかを考えて、決めましょう。なるべく早い段階で相談をすることも大切です。早い段階で相談をしておけば、一番デメリットの少ない任意整理で解決ができる可能性が上がります。

«
»