特定調停とは?

債務整理にはいくつかの種類があります。
最も多くの人が聞いたことがあるのは、自己破産ではないでしょうか。
自己破産を選択することにより、借金の返済が免除されます。

しかし、それ以外にも任意整理や個人再生、そして特定調停という方法もあります。

任意整理は、債権者と債務者とが直接交渉することにより、返済額の減額を目指すというものです。
任意整理は、債務整理の中でも、最も手続きを行う人が多いと言われている手続きです。
その理由としては、裁判所を介さずに手続きを行うことが出来るという事があります。

同じような手続きですが、裁判所を介して行う手続きが特定調停です。

特定調停のメリットとしては、裁判所を通した手続きであるということです。
裁判所が間に入ることにより、債務者と債権者が直接交渉をする必要はありません。

また、これまでは弁護士や司法書士に依頼していた交渉も、それほど手続きは難しいわけではありませんので、法律の知識がそれほどないという人でも、弁護士などに依頼することなく手続きを行うことが出来る可能性もあるでしょう。

そして、任意整理であれば、交渉を弁護士などが行う事が多いために、費用がかさみますが、特定調停は費用が非常に安価に済ませることであるため、これまで、費用の支払いの問題で弁護士などに依頼することができなかったという人でも気軽に利用することが出来るというメリットがあります。

返済が滞っている場合、厳しい取立てにあっている場合もありますが、債権者に対して、裁判所に申立てを行い、受理されたということを証明する書類を送付することで取立てを止めさせることが出来るのです。

なお、複数の債権者から融資を受けているという場合、全ての債権者に対して手続きを行う必要はなく、自身が減額したいと思う債権者を選択し、手続きを行うことが出来ます。

自己破産の場合、借金の原因がギャンブルや債務者の浪費であった場合には、免責を受けることが出来ない可能性がありますが、特定調停であればどのような原因で借金をしたのかということは問われることはありません。
また、手続きを行ったからと言って、職業や資格が制限されるということもありません。

しかし、メリットだけではなく、デメリットもあります。

まず、裁判所に申し立てをした場合、申し立てをした本人に対して、書類や通知が届きますので、手続きをしているということが家族などにバレてしまう可能性があります。
また、手続きを行うために、指定された日時に裁判所に通わなくてはならないため、場合によっては仕事を休む必要が出てくる場合もあるでしょう。

そして、自己破産とは異なり、返済が免除されるわけではなく、減額される可能性が高いとは言え、借金の返済は続けていく必要があります。

例外としては、多額の過払い金があったという場合です。
この場合には、過払い金を取り戻すことで、借金がゼロとなり場合もあります。
ただし、過払い金を取り戻すために弁護士などに手続きを依頼した場合には、その費用を支払わなければならない場合もあるということを理解しておく必要があるでしょう。

残債の支払いが滞った場合には、差し押さえを受ける場合がありますので、注意が必要です。

債務整理を行った場合には、それがどのような方法であったとしても、信用情報機関に登録されます。
登録される期間には違いがありますが、登録されている間は新たな借入やローンを組むということは出来ないと考えられます。

また、信用情報機関の登録情報が抹消された場合であっても、手続きを行った貸金業者からは取引を断られてしまうケースがあります。
特定調停を行うという場合には、メリット・デメリットを理解することが大切です。

«
»