任意整理の流れ

クレジットカードでのキャッシングやローンカードの毎月の支払から、借金の返済に苦しみ、債務整理を決断する人も多いのではないでしょうか。
ほとんどの人は債務整理や任意整理を行った経験が無いのが当たり前ですから、債務整理を決断するまでに苦悩し、ついに決断した後、さてどうやって債務整理をしたらいいんだろうと戸惑うものです。

しかし流れを理解してしまえば決して複雑なものではなく、さらに信頼できる弁護士に依頼することによって、より負担を減らすことができます。

任意整理を行う場合、一般的にはまず弁護士事務所を探すところから始まります。
依頼を受け付けているのは弁護士、または司法書士となっており、ネットが普及した現在では自宅のパソコンから弁護士や司法書士の事務所を探すこともできます。

弁護士事務所の選定や、信じて任せることのできる弁護士との出会いはとても大切なものです。
情報を確認しながら、信じられる事務所を探しましょう。

弁護士が見つかったら、次はいよいよ依頼です。
ここで委任の書類を作成することになります。

費用についての話もきちんとしておくと良いでしょう。
費用がかかるのではないかと遠慮しながらの依頼はストレスになりますし、後々のトラブルにもなりかねません。
弁護士事務所としても任意整理を行う依頼人の懐具合は想像がつくものですから、正直に費用を確認することをお薦めします。

依頼が成立したら、次に受任通知を債権者へと発送します。
お金を貸し出している債権者にとっては、ここで初めて任意整理によって弁護士に依頼されたことを知ることになります。

クレジットカードやローンカードといった金融商品を取り扱う会社の場合、受任通知の到着によって督促を停止します。
当然ながら受任通知の発送から相手の会社への到着までしばらく時間がかかるため、受任通知を発送したからといって督促が即停止するわけではないということをあらかじめ承知しておきましょう。

受任通知が到着し、相手の金融会社がこれを確認すれば、以後は督促が停止します。

次に弁護士は依頼人の負債状況を確認します。
どの会社にいくらぐらいの借金があるのかを確認し、状況の整理を行います。

いくら借金をしているのか、依頼を遂行するためには明確な数字を知る必要があるのです。
融資を行っていた金融会社へと取引履歴の開示を請求しますが、取引履歴の開示を拒まれた場合には、さらに開示請求を行います。

この取引履歴がすべて揃ったところで、弁護士は金利に引き直し計算を行います。
これは利息制限法に基づいて行われるもので、払い過ぎた金額が引き直しによって戻る可能性があります。

この時注意しなければならないのは、すべての借金で過払い金の返済金が行われるとは限らないということです。
戻らない可能性もある、ということを念頭に置いておきましょう。

負債総額が判明し、過払い金についてもはっきりと判ったら、今後の方針について弁護士と相談することになります。
残った借金を返済していくのか、それとも自己破産を申し立てるのかはこの時に決定する例が多いようです。

数年で返済が可能な場合には任意整理を選択し、相手の金融会社との交渉に入ることになります。
交渉内容としては残金の分割返済や月々の金額についてとなりますが、交渉は基本的に弁護士に任せることになり、依頼人自ら金融会社と交渉する必要はありません。

条件が決まり、和解した金融会社とは和解契約書を締結します。

以上で基本的なやり取りは終了です。
決められた条件についてはしっかり守り、月々遅れずに返済を行いましょう。

返済が遅れた場合についての取り決めなどもあらかじめ決定しているため、一括で返済を迫られる可能性も出てきてしまいます。

«
»