任意整理の返済期間はどのくらい?

債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生、過払い金請求などの手続きの方法があります。

この中で最も重い手続きといえば自己破産です。
裁判所に破産の申し立てをして免責が許可されれば借金がゼロになります。
返済が免れるので督促によるストレスや将来への不安なども払拭されて新たに人生をやり直すことができます。

しかし、借金がなくなるという多くなメリットがあるということはデメリットももちろんあります。
国が発行している機関紙の官報に名前と住所が掲載されるので周りの人に自分が自己破産をしたことがばれてしまうリスクがある、手続きをするに際して車や不動産などの高額な財産が全て没収されてしまう、銀行や貸金業者などの金融機関のブラックリストに掲載されるので自己破産をしてから数年間は新しくローンを組んだり借り入れをしたりすることが一切できなくなるなどがそれにあたります。

ですので、自己破産の手続きはそれなりの覚悟を持ってデメリットもあるということをきちんと理解して行う必要があります。
自己破産は債務整理の最後の切り札的な存在ですので、借金問題が大きくならないうちに早期解決に努めることがとても重要になります。

そこでおすすめなのが債務整理の中でも最も軽い手続きである任意整理です。

任意整理は自己破産のように借金がなくなるわけではありません。
過払い金請求などをして借金を大幅に減額させて返済していくという手続きです。

任意整理の返済期間は、3年程度です。
新たに計画を立てて3年程度かけて返済していきます。

ですので、継続的な収入が見込めるということが手続きを行う上での条件となります。

過払い金請求とは、貸金業者からお金を借りる際にかかる金利が利息制限法で定められている上限をオーバーしていた場合の払い過ぎた超過分を返還請求して取り戻すという手続きです。
既にその貸金業者に借金を完済している人も手続きを行うことができますが、任意整理の一環として手続きを行うというのが一般的です。

貸金業者との取引が長ければ長いほど過払い金が発生している可能性が高いので、まずは貸金業者との取引履歴を確認して過払い金が発生しているかどうかを確認してみましょう。
引き直し計算によって過払い金を算出することができます。
ソフトをダウンロードすれば自分でも手軽に計算することができますし、法律事務所の弁護士に手続きの依頼するのもおすすめです。

過払い金請求には時効の壁が存在します。
最後に貸金業者と取引をした日から10年が経過してしまうと時効が成立してしまい過払い金請求の手続きができなくなってしまいますので注意しましょう。
取引履歴の日付を確認して余裕を持って早めに手続きを開始しましょう。

債務整理の手続きは自分で行うこともできますが、やはり法律のプロである弁護士に代理人となってもらい手続きを全てお任せするのがベストな方法です。
法律事務所にもそれぞれ特色があり、債務整理を専門に行っている法律事務所もあります。
ですので、法律事務所に問い合わせをする際には事前にホームページなどで実績や弁護士の得意分野などをチェックしておくのが良いでしょう。

直接法律事務所に問い合わせをするということに抵抗がある場合は、各地の弁護士会や自治体が設置している専門の窓口を利用するという方法もおすすめです。
各地で開催されている無料法律相談会などに参加してみるのも良いでしょう。
そのときに担当してくれた弁護士に直接債務整理の依頼をすることも可能ですので、相談をする際には自分の現在の債務状況がわかる書類を忘れずに持参し、今の生活の状況や所得などについても包み隠さず申告しましょう。

情報が多ければ多いほど手続きもスムーズに進みますし弁護士との信頼関係を築くことにもつながります。
借金問題の早期解決のためにも自己破産を免れるためにも早めに任意整理の手続きを行いましょう。

«
»