債務整理3つの種類とは?

基本的に借金を整理する方法としては司法書士や弁護士などの法律の専門家に依頼して債務整理をおこなうのがもっとも迅速に解決できる方法です。
法律がかかわってくるような借金問題は素人がひとりで悩んでいてもなかなか前に進むことはできないばかりか、時間がたつ分ますます利息がかかってきますので借金の金額が増えるばかりでどうにもならなくなります。
ですのでできるだけ早く専門家へ相談するほうがよいでしょう。

その債務整理ですが大きく3つの種類に分けることができます。
任意整理、民事再生、そして自己破産です。
これに加えて特定調停を入れる場合もありますが、専門家への依頼の場合、一般的には先の3種類がおこなわれることが多いです。

まずは任意整理ですが、これは金利を正しい利息法に基づいて再度計算しなおし支払っていくというやり方で、借金の金額も5分の1ほどに減額されます。
これをだいたい3年から5年ほどで支払っていくことになります。
この場合、これまで払いすぎた利息分を取り戻すことができます。
これを一般的には過払いといい、過払いに関しては完済している場合でも取り戻すことができます。
この任意整理でおこなわれることの多い過払い金は返済期間が長かったり高金利で返済してきた場合には高額になることも多く、これで残りの借金が全額返済できてしまうこともありますし、弁護士費用にあてることができる場合もあります。

次に民事再生ですが、これは個人再生ともいわれ、家を残すことが目的で定められた比較的新しいやり方になります。
住宅ローン以外の借金を5分の1ほどに減額し、3年から5年ほどで支払っていきます。この民事再生では住宅ローンは減額されませんので、住宅ローンを支払いながらかつ減額した借金も支払っていけるだけの収入が必要となってきます。
家を残したいばかりにこの民事再生を選択し、結局は住宅ローンとそれ以外の借金が支払っていけなくなり、また新たな借金返済方法でやり直さなくてはならくなったという例もありますので、十分自分の収入を考えて選択する必要があります。
ですが家を残せるというのは非常にメリットも大きく、子どもなどがいる場合には学校関係などの環境を変える必要はなくなりますので、支払っていけるだけの収入があるのであれば検討してみるとよいでしょう。

最後の自己破産ですが、これは基本的に借金をすべて清算することができます。
そのかわり家や車などの資産もなくなりますが、借金から解放されて一から人生をスタートさせることができますので、この方法を選択する人も多いです。

どの方法を選ぶかはその人の借金の額や状況などから判断することが大切ですので、法律の専門家である司法書士や弁護士などと十分相談して決めることが大切です。
無事債務整理がおこなえても決められた期間で返済できなかったり、また新たに借金をしていくようでは意味がありません。
ですので債務整理をおこなったあとはきちんと生活を立て直し、新たな借金を作らないように心がけることが重要です。
またこれらの債務整理をおこないますと、種類にもよりますが、任意整理と民事再生で5年ほど、自己破産で10年間は、車や家などで新たにローンを組んだりクレジットカードを持つことはできませんので現金での生活を心がけるようにしていきましょう。

正規の金融会社で借金はできませんが残念なことに闇金などから借りることができることが多いです。
闇金はそうした状況につけこんで利息法など無視し高金利で誘ってきます。ですが、本当に借金の苦しみから解放されたいのであれば、せっかく債務整理をおこなったのですから、そうした甘い誘惑にのることなく堅実な生活をしてくことが今後の人生においても非常に大切になってきます。

»