自己破産をして失うものは?

カードローンを利用していますと、金利負担が大きな重荷になります。安い金利ならば、長期間の返済をすれば良いのですが、リボ払いという分割返済の場合には、日割りで金利計算がされ、長期間で返済しようとすればするほど、金利負担が高まるのです。
カードローンやキャッシングの利用をする場合には、しっかり返済できるか否かの審査をされます。
貸金業者としては、しっかり返済できる能力がある人でなければ、融資しようとも思わないのは、当然のことです。
しかし、貸金業者としての利益は金利収入です。返済できる能力がある人ならば、積極的に融資をしたいと思うはずです。

審査が終了しますと、申込者に利用限度額を設定することになります。
しかし、これが落とし穴だと思ってもよろしいでしょう。本当は10万円借りたいと思い、申し込みましたら、100万円までは借入がいつでもどこでもできると言われた人はどう思うでしょうか。
お金に困ったら、カードローンを利用すれば良いと勘違いしてしまうのではないでしょうか。
自己破産などの債務整理を負わなければならない人の多くが、利用限度額に踊らされていると考えてもよろしいです。
カードローンを利用限度額まで利用してしまいますと、リボ払いなどの分割返済ならば、簡単だと思っている人でも、毎月の支払いをすることが難しくなります。
返済のために、他のカードローン会社からお金を借りるという状態になり、多重債務者になります。
毎月の返済の期日などにも気を遣わなくてはなりませんし、返済できるお金を確保できることができない可能性もあります。
期日に返済できなければ、返済遅延利息を支払わなくてはなりませんし、何といっても、信用情報機関という個人の金融情報に、記録されてしまいます。
いわゆる、ブラックリストにのってしまうということです。
ブラックリストにのりますと、カードローンのように、利用使途が定められていない住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなどの利用ができなくなってしまいます。
また、返済ができなければ、債務整理をしなければならなくなるのですが、最悪、全ての財産を失う自己破産に追いやられることもあります。
家族や親族に迷惑をかけることはもちろん、信頼を失ってしまうという要素もあります。
物はもちろんなくなりますし、親しい人からの信用がなくなってしまうことの苦痛を良く理解しなければなりません。

債務整理には、段階がありますので、基本的には、ご自身の借金を返済する方法を選んだ方がよろしいのですが、どうしても返済できない場合に自己破産に陥ることになります。
国としては、お金の返済に窮した人が、社会復帰できるように、自己破産制度を設けたという背景がありますが、自己破産をすれば、借金を帳消しにできると安易に考えている人も多数いることにを理解しなければなりません。
憲法や法律で定められている通り、国民は仕事をして、税金を納めることが義務だとされています。
ギャンブルや交友費などで、散財してしまうような人が税金を納められなくなり、自己破産宣告をして、その後、快適な暮らしができるような状態では、ダメです。
まるで、罪を犯した人が、刑務所にいる方が満足できる環境なので、あえて、軽犯罪を犯すことと同様と考えてもよろしいのではないでしょうか。
人は、快適な環境を得るために、あらゆる手段をとります。
汚い手段で満足できる環境ならば、それは間違いです。
債務整理をしなければならないような状態になる人は、ある意味、全てを失っても仕方がないのです。自分本位ではなく、家族や同僚、上司などに配慮して、お金を借りる際には、誰にも迷惑をかけない配慮をする必要があります。

«
»