借金記事一覧

借金は返済をすればいつかは完済に辿り着くのが基本ですが、しかしながらなかなか減らずに苦労するという声も少なくありません。減らない理由はいろいろ考えられますが、まず挙げられるのが自転車操業になっている場合です。これは借金地獄に陥ってしまう典型的な状態であり、借金を返済するために新たな借り入れを行う状況ですので減らないのは無理もありません。お金を借りると利息が発生しますから、いろいろなところから借りれ...

周囲にいる友人、知人、また、職場仲間などで、借金をしている方もいるでしょう。その人の行動や言動、いろいろとチェックしてみると、特徴のようなものもでてきます。基本的に、借金をしてしまう方の特徴としては、支払いを後回しにして、自分の興味あるもの、楽しいことを優先しようとします。また、給料が入ると、すぐに飲みにでかけたりいろんなものを購入したりと、一見、楽しく生活しているようにみえますが、お金がなくなっ...

誰もがお金に困らない生活をしたいと思うものですが、思うように給料が上がらないとか、出費が多すぎるとなると、なかなかお金はたまらないものです。お金が貯まらないだけならまだいいですが、お金が足りなくなってしまうと大変です。お金が足りなくなれば、思うような生活もできませんので、困り果ててしまうことになるでしょう。自分の収入の中で生活を出来なければいけませんが、それでは生活が出来ないと借金をしてしまうこと...

キャッシングやローンをうまく利用することはとても便利なことではありますが、一度借金生活に入り込み、そこから抜け出せなくなると借金地獄に陥ってしまいます。借金地獄から抜け出すことは、思っている以上に難しいことなのです。しかし借金生活から脱出するために効果的な方法は、いくつか存在しています。これらの方法は、実際に借金地獄から抜け出すことができた方法ばかりなので、全てを実行する必要はありませんが、自分が...

キャッシングと一口に言っても、消費者金融や銀行カードローンを利用することを指したり、クレジットカードでお金を借りることを指したりと様々な手段があります。また学生さんには学生ローンがあり、一体何処を利用すればよいか初めての方は戸惑ってしまいます。そこで利用者のタイプごとにオススメのキャッシング方法を紹介します。まず現在一番厄介な法律が貸金業法の総領規制です。これは年収の3分の1までしか貸してもらえな...

借金は、マイホームやマイカーを購入する場合、子供の教育費を捻出するために、借り入れるケースが多いです。借りる目的が決まっていますので、目的別ローンと呼ばれており、金利負担は少なくて済みます。しかし、一方で利用使途が限られない借入れもあります。カードローンやキャッシングと呼ばれるのですが、このサービスを利用しすぎますと、返済することが困難になり、最悪自己破産に陥るケースもあります。最初にカードローン...

借金などをしてしまう場合には、お金の管理がきちんとできていない場合も多く、余計な出費、無駄な浪費癖などがある方もいるでしょう。また、それなりに仕事などができ、収入もそれほど悪くない方であっても、借金を抱えてしまう場合もあります。頭がいいと思える人であっても、金銭感覚などにおいては、また別物と捉えたほうがいいかもしれません。周囲などの友人や職場などの仲間などでも、借金を抱えている方などがいる可能性も...

サラ金時代の厳しすぎる取り立てが社会問題化したのが忘れ去られたように、インターネットから気軽に借金の申込みができるようになり、わずか1時間前後で50万円前後の大金ですら借りることができるようになりました。あまりにも簡単にカードローンやキャッシングが申込めるようになり、審査時間も最短30分前後、申し込みから契約完了までも1時間前後という短時間での利用も可能となっています。さらに、24時間365日リア...

借金の怖さを把握しておくことは、人生においてなにより大切なことです。現代は資本主義であり高度な消費社会でもあります。それだけに金銭が常に求められ、決して足りることがありません。そうした状況を商機と捉え、あらゆる方法でお金が貸し出そうとする動きが、いたるところに散見されます。だからこそ、賢明に状況を判断し、毅然とした態度をとり続けなければなりません。そうしなければ、借金の怖さを我が身で実感することに...

お金を知り合いや金融機関から借りた時は返済が必要ですが、その借金は実は時効にできることがあります。本来借りたお金は返さなければいけないものですけど、お金を借りることは一つの契約にすぎません。そのため契約上返さなくても良い状態になれば、非常に大きな借入であっても返す必要はなくなります。ではどういう条件が整えば時効になるのかというと、ある程度の期間借金を返さなければそうなります。一般的に金融機関からの...

夫婦仲はよかったとしても別れを選択した方がいい場合もあります。もしも夫が妻に隠れて借金を作るようなことをしていたばあにはどうすればいいのでしょうか。発覚したときにはかなりのショックを受けるものですが、ショックを受けている場合ではありません。今後どうしていくかを考えなくてはならないからです。しなくてはならないこととしては、借金を返済していく事もありますが、今後夫婦の関係をどうしていけばいいのかという...

クレジットカードをつくったり、住宅ローンなどローン商品の申請をするときに、その商品を取り扱っているクレジット会社などが問い合わせるのが個人信用情報機関です。問い合わせた結果何がわかるのかというと、申請者が過去の利用したクレジットカードやローンなどの取引情報で、融資金額や延滞の有無などを知ることが出来ます。その情報を元に、クレジットカードやローンの審査を通すべきかどうかが判断されるのです。情報はどこ...

金融機関の利用ではよくブラックリストが話題になりますが、これがどのようなものなのかはあまり知られていません。このリストはそういう名前のものが存在しているわけではなく、金融機関が共有しているデータベースのことをいいます。今の日本では金融機関から借りられるお金の上限が決まっていて、以前に比べて厳しい制限を受けることになっています。この制限ではお金を借りる人の収入によって限度を決めているので、金融機関側...

金融機関からのお知らせでよく目にするものの1つに、おまとめローンがあります。これは多重債務を一本化して毎月の返済を楽にしていこうというものであり、債務者の負担を減らすために考案された仕組みです。今の時代借金を抱えている人は結構な数で存在し、複数の金融機関から借りているという事実も特段珍しくはありません。今日明日のためにキャッシングやローンを限定的に利用するのはよくある話ですが、ついつい借り過ぎてし...

お金の借り入れサービスは様々な消費者金融会社が用意しているので、それぞれサービスの特徴も違います。利用すればお金を借りる事が出来るという点はどのサービスも同じですが、サービス内容によっては長期間利用して得をするお金の借り入れサービスや、短い間のみ得をするお金の借り入れサービス等メリット、デメリットにも違いがあります。他にもお金の借り入れサービスの一種であるクレジットカードを使用して買い物の支払いを...

借金はクレジットカードやカードローン、その他の金融商品を利用することで起こる問題です。毎月の支払いをしっかりしていれば起こらないのですが、会社が経営難に陥って収入が減ってしまったり、仕事を辞めることになれば返済ができずに借金を背負ってしまうことになります。最初から借り入れしている先がひとつだけならばどうにもなりませんが、カードローンなどで複数社を相手に返済を続けている場合は、おまとめローンなどを利...

誰かに、あるいはどこかでお金を借りるときにはいくら借りて、どうやっていくら返済するかを決めますよね。そしてその内容を契約書にするわけです。例えば100万円かります。返済は1年後で利子を10%支払います。つまり返済時には利子も合わせて110万円の返済になるという事ですね。そういう風に決めるわけです。しかしこの借り方は貸すほうからすると明快で分かりやすくいつ返済されるかもはっきりしていて、取り立ても簡...

今はもう昔のことになってしまいましたが、元々貸金業にはあまり規制がありませんでした。業務としてお金を貸すのは難しいことで、返済が滞るという可能性がいつもあり、それを考えると金利を高くとってもそんなのにどんどん融資することは難しいからです。そもそもリスクのために金利を高くすると高すぎる金利のために割が合わなくなって誰もお金を借りてくれなくなります。自然にそれなりのバランスで成り立っていました。しかし...

現在日本では、借金をする先の数を制限するというルールは有りません。したがって原則的には何件からでもお金を借りる事が出来るようになっています。しかし金融機関としてはできるだけ低リスクの人にお金を貸したいと考えており、借入件数が多くなればなる程審査に通りにくくなるというのが実情です。金融機関によっても条件は違ってきますが、大体3社以上から借り入れがあるとNGと判断されてしまう場合が増えて来ます。複数の...

通常、借金は自分の返済能力に従って返す事になります。その為、無理な形にする事は少なく、自分の出来る範囲で計画的に返す事になります。しかし病気をしたりしてどうしても収入が減ってしまうとか、自分の勤めていた所が業績悪化で給与がカットされてしまう等、予測できない事態に陥ってしまう事も有り得ます。その場合、本来は無理のない計画を立てたにもかかわらず、その月の返済が出来なくなってしまう場合があります。計画通...

お金を借りる場合は、借りた分だけ返済すれば良い事も有りますが、多くの場合は利息分を合わせて返済する事になっています。これは金融機関にとっては貸金業を営んだことによって得る事が出来る利益の事です。その為、通常はその分を借入額にプラスし、さらに完済予定までの月数などから毎月の返済額を算出します。消費者金融も他の金融機関と同様で、利息分を合わせて返済する事になっています。ただ、その時に用いられる金利は借...

カードローンやキャッシングを利用して、返済ができなくなった場合の解決方法はひとつです。浪費を控えて、借金を返済することが一番大切なのです。ただ、多くの業者から借入れをしている多重債務者は、返済の一本化を考えることも必要です。複数の業者の返済期日を意識して、ご自身の口座にお金を用意しておかなければならないことは、精神的に苦痛を味わうことになります。複数の借金を良い条件で一本化できるならば、それに越し...