なぜ借金がなかなか減らないのか?

借金は返済をすればいつかは完済に辿り着くのが基本ですが、しかしながらなかなか減らずに苦労するという声も少なくありません。

減らない理由はいろいろ考えられますが、まず挙げられるのが自転車操業になっている場合です。
これは借金地獄に陥ってしまう典型的な状態であり、借金を返済するために新たな借り入れを行う状況ですので減らないのは無理もありません。

お金を借りると利息が発生しますから、いろいろなところから借りれば利息だけでも相当が額になりますし、利息が利息を呼び元本が一向に減らないという状態に陥ってしまうのです。
特に借金に慣れてしまっている人はこうした状態に陥りやすいです。
困ったら借りればいいやという考えになっていたり、お金をすぐに用立てる手段として染み付いてしまっていますので、その場しのぎの対処になってしまいがちです。

しかしながら時が来ればどうしようもない状態に陥るのは目に見えていますから、自転車操業になった時点でかなり危ないと言えるでしょう。
殆どの返済は利息だけに消えているという状況になっていることもあり、元金が減らないために返済期間も長期化することがあります。
時には数年間も返済が続きますし、しかも元金を減らすためにそれなりの返済額を毎月用意する必要がありますので負担は小さくありません。
もし会社が倒産するなりリストラに遭うなどすると、途端に返済ができなくなりますし、そこから前述したような自転車操業に陥ることもあるのです。

総額をしっかりと把握していないのも原因として考えられます。
ちゃんと返済をしていこうという考えがあるのなら、借金の総額の把握や返済シミュレーションを行うものですが、返済に困っている人ほど以外と疎かになっていることがあるのです。毎月何となく返済はしているものの、でも元金は全然減っていなかったということに後から気が付くようなケースもあります。

特に多重債務に陥っている時ほど総額が不明になってしまうこともあるものですが、そうした時には一本化して対策をするのも良いでしょう。
総額が明確になり返済先も絞ることができます。
また、金利が下がって支払い総額も減ることがありますので、完済へのイメージも持ちやすくなるはずです。

なお借金を返してすっきりするには完済に向けての努力をすることも大事です。
なるべく早く完済をすることが大切ですので、そのためにもできる範囲で節約をしたり、無駄な買い物を控えるなども必要と言えます。
そして余裕がある時には繰り上げ返済を考えた方が良いでしょう。
とにかく元金を減らしていくことが必要ですので、返せる時は返済に充てるようにした方が将来的にも良い結果になるはずです。

しかしながら状況によっては自力で返済を行っていくのは難しいこともあるかもしれません。
総額が大きかったり多重債務になっていると収入では返済ができない状況に陥ることもあります。
だからといって返済をしないとさらに困った状況になり、困り果ててしまっているというケースも少なくないです。

そういった時には勇気を出して債務整理の手続きを考えてみるのもおすすめと言えます。
自力で返せない状況の場合はどうあがいても完済は難しいこともありますので、法律家の力を借りて対処するのも選択肢と言えます。
手続きをすることでブラックリストに掲載されたり財産の一部を失ってしまう可能性もありますが、当面の問題の解消にはなるはずです。

お金の問題を抱えていると人生に於いても大きな負担になってしまいますから、すっきりと解決することを第一に考えることも大切と言えるでしょう。
無料で利用ができるところもありますからまずは悩み相談へ訪れてみるのがおすすめです。

»