多重債務者になったらどこに相談すればいいの?

サラ金時代の厳しすぎる取り立てが社会問題化したのが忘れ去られたように、インターネットから気軽に借金の申込みができるようになり、わずか1時間前後で50万円前後の大金ですら借りることができるようになりました。
あまりにも簡単にカードローンやキャッシングが申込めるようになり、審査時間も最短30分前後、申し込みから契約完了までも1時間前後という短時間での利用も可能となっています。
さらに、24時間365日リアルタイムでの振込サービス、無利息サービスなど、ありとあらゆるサービスが提供されています。
まさに、利用してくださいと言わんばかりです。

しかしながら、本来、借金とは、あまりに気軽にするものではなく、考え抜いた末にしっかりとした返済計画をもって申込むべきものであるはずなのですが、これほど気軽に利用できることになると、何もわざわざそこまで深く考えなくてもよいではないかということになりがちです。
当然、そこには大きな落とし穴が待っており、返済計画なしに気軽に借りるだけ借りてしまった後には、雪だるま式で増えた借金の返済地獄が待っています。

現在では、サラ金の厳しすぎる取り立てに変わって、多重債務問題が社会問題化しています。
あまりに簡単に契約できるため、気が付けば多重債務状態というわけです。
最悪なのは、返済能力以上のお金を借りてしまい、返済のために新規で借り入れをしてしまうという状況で、ほとんどの多重債務者がこの状況に陥ってしまっています。
特に、まじめな人ほどこの傾向に陥りがちで、借りたものは何としても返済しなければと借金をして返済してしまうのです。
この状態になると、近い将来に、まとまったお金が入ってこない限りはもはや万事休すとなります。

借金問題自体は、古来から存在していますが、この問題で最も悪いのは、誰にも相談せずにひとりで悩み苦しむことです。
お金の問題はなかなか人には相談できないものです。
よほど、親がお金持ちでもない限りは、逆に迷惑をかけてしまうということになりますので、独力で問題解決を考えることになるのです。
しかし、ひとりで問題解決できるくらいなら、そもそもこのような状況になることもないわけで、独力で考えてもおまとめローンを申し込むくらいの知恵しか出てきません。
おまとめローンで1カ所にまとめることができれば、支払いが楽になりますし、生活にもゆとりが出てきます。

キャッシング業者のほうも、大口融資ができるわけで、儲けが大きいので喜ぶだろうと考えるのですが、冷静に考えてみれば、多重債務者に大口融資するような金融機関は世界のどこにも存在しないということに気づきます。
当たり前ですが、晴れている時には傘を貸してくれても、雨になると傘を貸さないのが金融機関なのです。

それでは、多重債務状態になった時にはどうすればよいのでしょうか。
答えは一つです。
多重債務問題を解決してくれる専門家に相談することです。
この場合の専門家とは、債務整理の専門家である弁護士や司法書士となります。
債務整理に精通した専門家であれば、嘘のように簡単に問題解決のアドバイスをしてくれます。

残念ながら、多くの方が、自己破産や任意整理という言葉は知っていても、内容まで理解している人は非常に少ないというのが実情です。
ましてや、借金地獄の中にいながらも、多くの方が自分と債務整理は関係ないものだと考えているケースが多いのです。
しかしながら、多重債務者となり、返済のために新規借り入れをするような状況で、しかも、完済できるあてもないという場合には、検討しなければならないのは、おまとめローンではなく債務整理なのです。
多くの弁護士事務所や司法書士事務所が無料相談に応じてくれますので、少しでも早く相談することが重要です。

«
»