借金に時効はあるの?

お金を知り合いや金融機関から借りた時は返済が必要ですが、その借金は実は時効にできることがあります。
本来借りたお金は返さなければいけないものですけど、お金を借りることは一つの契約にすぎません。
そのため契約上返さなくても良い状態になれば、非常に大きな借入であっても返す必要はなくなります。

ではどういう条件が整えば時効になるのかというと、ある程度の期間借金を返さなければそうなります。
一般的に金融機関からの借入は5年、知り合いや親族からの借入は10年たつと無効になります。
そうなった時は借りたお金を返す必要はなくなりますけど、ちゃんとした手続きをしないと時効にはなりません。
お金を返さずにすむようにするためにはある程度の期間返済をせず、その後相手に対して連絡をする必要があります。
この連絡をして相手がそれを承諾すれば、借りていたお金は存在しないことになります。
ただしこのようなことを成立させるのはかなり難しく、多くの場合は借金をなくすことができない形になりやすいです。

まずお金を貸していた側はどうしても返してもらいたいわけですから、何らかの形でお金を請求してきます。
そのような請求をしている限りは返済の義務が発生するので、うまく逃げられることはそれほど多くはありません。
また借りたお金は一度でも返すと返済の義務が発生するので、何年も全く返済をしない形にする必要があります。
そのような形で返済をしないようにしないとこの制度は利用できませんから、借入をなくしたい時は一切の返済をしてはいけません。

借りたお金を無効にしたい時は長期間返済をしないようにして、相手の催促からも全て逃げ続ける必要があります。
そういう形にするためには相手の知らない地域に移動するとか、そのようなかなり特殊な方法を行わなければいけません。
そこまでやってもうまくいかないことがあるのがこの方法ですから、普通の人の場合は基本的にうまくいかないと考えてよいです。

借りたお金が無効になるのは返済の期限なので、返済の期限によって時効になる時期が変化します。
すぐにお金を返す契約をする場合は、お金を借りる契約をした時が日数を計算をする時の最初のタイミングになります。
ある程度の期間返済の期限まで猶予がある場合は、その期限が最初のタイミングになるので違いがあります。
このようにお金を返す必要なくなる期間の計算は難しいため、もうすでに終わっていると考えて計算を間違えることも多いです。
そういう所があるのでもしこのような手続きをする場合は、専門家に相談をしてどのようになるのか聞いてみたほうがいいです。

またこの返済をする期限は契約によって変化がしやすく、どのような形で行うのかによって変化をします。
金融機関との契約の場合はある程度似た形になりますが、親族とのやり取りの場合は契約がかなり曖昧になります。
知り合いに借りた時の時効は10年と長くなっていますから、このような曖昧な契約で行っている点は注意がいります。
借金の返済をある程度していなければ返す義務はなくなりますけど、相手がこちらを見つけるとそういうことが難しくなります。
こちらがどこにいるのかを把握された場合は、相手はこちらにお金を返すように催促をしてきます。
それでも返済をしない場合は裁判所を利用して差し押さえなどをしてくるため、こうなってしまうともう逃げることはできなくなります。
借金の時効は5年から10年程度かかるので、何らかの事情がない限りは利用が難しい制度になっています。
ただ運良くその時期が来るまで借入の返済をしていなかった場合は、専門家に相談をして手続きをすれば借金をなくすことができます。

«
»