借金と離婚

夫婦仲はよかったとしても別れを選択した方がいい場合もあります。
もしも夫が妻に隠れて借金を作るようなことをしていたばあにはどうすればいいのでしょうか。
発覚したときにはかなりのショックを受けるものですが、ショックを受けている場合ではありません。
今後どうしていくかを考えなくてはならないからです。

しなくてはならないこととしては、借金を返済していく事もありますが、今後夫婦の関係をどうしていけばいいのかという点も話し合いしなくてはなりません。
今後夫婦としてどうしていくのかを話し合う前に、まずはなぜ借金をすることになったのかを夫に聞いてみることです。
お金を借りた理由が家族のために必要なことだったっということであれば、夫婦で力を合わせて何とか返済をしていかなくてはならないでしょう。
しかし借りた理由が自分の娯楽の為であったということであれば、離婚を視野に入れた話し合いが必要になります。

例えば、ギャンブルで使ってしまったとか、女性に貢いでいたということであれば大問題です。
ギャンブルは癖になるものでもありますし、女生徒の縁が切れているのかも確認しなくてはなりません。
女性と縁が切れていないのであれば、今後もまた女性に貢いでしまうようなことがあるかもしれないからです。
借りた金額が少額であれば貯金を切り崩してでも返済をしていくことが出来るかもしれませんが、それで済む問題でもありません。
妻に隠れて借りていたこと自体に問題があります。

何とか頑張って返済することが出来たとしても、借りたお金の使い道によっては今後も同じことが繰り返される可能性があるからです。
子供がいる家庭の場合、将来的にどんどん子供の教育費や養育費にお金がかかっていく事になりますので、借金を繰り返すような夫と一緒に生活をしていれば、子供の生活まで脅かされてしまうことになります。
借りた額が少額で、今後は二度としないということなのであれば、離婚せずにしばらく様子を見るようにしてもいいでしょう。
しかし金額がとてもではないが返済しにくいような大きな金額だった場合には離婚をするべきです。
自分の娯楽のために借りて使ったのであれば、自分で責任を持って返済をしてもらうようにしましょう。

離婚をする際に不安になるのが、夫の借りたお金を妻も返済しなくてはならないのかという点です。
もしも保証人に妻がなっている場合には返済をしなくてはなりませんが、そうではないのであれば支払いの義務はありません。
それならば妻は離婚後に夫の借金を返済する必要はありませんが、夫から子供の養育費をもらうことが出来るのでしょうか。
父親として支払う義務がありますのできちんと支払ってもらうようにしましょう。
しかし借金の返済で養育費を支払いたくても支払えないということもあるかもしれませんので、約束していたお金をもらえない可能性もあると考えておかなくてはなりません。
そうなると自分一人で何とかして子供たちを育てていかなくてはなりませんが、このまま別れることなく一緒にいて返済を一緒にしていくことを想えば、別れを選んだ方が子供たちのためになるでしょう。

夫婦仲はよかったはずなのに、お金のことで別れなくてはならないのはかなしいことです。
なぜ夫はお金を借りてまで自分の娯楽のために使ってしまったのかを考えてみなくてはなりません。
普段から会話をきちんとするようにし、夫と向き合っていれば、夫が隠れてお金を借りていることにも気づけた可能性もあります。
後悔をしても仕方ありませんが、今後どう進んでいくのが子供たちのためになるのかを考えながら、子供たちの幸せを考えた判断をするようにしなくてはなりません。

«
»