ブラックリストってなに?

金融機関の利用ではよくブラックリストが話題になりますが、これがどのようなものなのかはあまり知られていません。
このリストはそういう名前のものが存在しているわけではなく、金融機関が共有しているデータベースのことをいいます。
今の日本では金融機関から借りられるお金の上限が決まっていて、以前に比べて厳しい制限を受けることになっています。
この制限ではお金を借りる人の収入によって限度を決めているので、金融機関側は情報の共有をする必要性が存在しています。

とある人が金融機関でお金を限度まで借りたときに、別の金融機関でまた同じように借りてしまう事があります。
そういうことを認めると無限に借金ができてしまいますから、何らかの形で制限をしなければいけません。
その時に重要になるのは金融機関同士の情報の共有で、互いに利用者の情報を共有しないと対応が難しくなります。

このような用途で使われているのが利用者の情報を共有するシステムで、本来このシステムは過剰な借金を抑制させる意味が強くあります。
ただ同時にこのシステムでは利用した人の支払いについてもデータをとっているので、そのデータが審査の時に影響を与えます。
金融機関が共有をしているデータベースには、その人がどのような返済を今までしてきたのかについて情報があります。
そこで何らかのトラブルがあるとわかれば、そのデータベースの情報を知る金融機関は基本的にお金を貸さなくなります。
中小の金融機関ならば貸してくれることもありますけど、大手金融機関では基本的には貸してくれません。
このような状態をブラックリストに載ったということがあり、このリストは金融機関が共有しているデータベースのことを表しています。

このリストには過去の返済データが載っているため、破産処理をして借金を踏み倒すと長期間お金を借りられなくなります。
最近は携帯電話を利用することが増えてきていますから、そのようなものの支払いの情報も記録されています。
携帯電話の支払いは時々遅れてしまうこともありますが、そういう情報も記録をされるので注意が必要です。

ブラックリストにはこのように色々な過去の返済情報が記録されますが、大きな問題でなければ短期間で消えていきます。
例えば自己破産をして借金を全てなくしたという情報は、かなり長い間データベースに残り続けることになります。
それに対して携帯電話の支払い程度の問題ならば、短期間載ることはありますけどすぐに消えるのが一般的です。

このリストの問題は非常に複雑なところがあるので、厳密な所は金融機関の内部の人にしか分かりません。
ただ多くの場合借金の返済で大きな問題を起こしてなければ、このリストに載ることはないので安心していいです。
ブラックリストとはそういうリストが存在しているわけではなく、金融機関の情報共有システムがそう見えているだけです。
この情報共有システムではその人が借りているお金や契約している金融機関、過去の返済についての情報があります。
こういう情報は金融機関ならばどこでも見ることができるため、過去に返済でトラブルを起こしているとどの金融機関でも審査が厳しくなります。

ブラックリストに載ることは非常に大きな問題になりますけど、ある程度の期間特に問題を起こさなければ制限を受けなくなります。
ただどのようなことが原因でこのリストに載るのかがわかりづらいため、よくわからないうちにリストに載って困ってしまうこともあります。
ブラックリストは名前は有名ですが、実際にどのようなものなのか知る人の少ない特殊な存在です。
そういう性質を持ったものですけどお金を借りるときに重要になるので、借入をするときはどのようなものなのか理解しておいたほうがいいです。

«
»