おまとめローンってなに?

金融機関からのお知らせでよく目にするものの1つに、おまとめローンがあります。
これは多重債務を一本化して毎月の返済を楽にしていこうというものであり、債務者の負担を減らすために考案された仕組みです。

今の時代借金を抱えている人は結構な数で存在し、複数の金融機関から借りているという事実も特段珍しくはありません。
今日明日のためにキャッシングやローンを限定的に利用するのはよくある話ですが、ついつい借り過ぎてしまい余計に生活苦に拍車が掛かることもあるでしょう。
そんなときに、おまとめローンの出番となります。

具体的にはまず金利が最も低いであろう金融機関からお金を借りて、もともと借りていた他の金融機関への返済を済ませてしまうのです。
そうすると返済の必要がある金融機関が1つだけに絞れますので、ここで先程述べた多重債務の一本化が成り立ちます。
あとはその低金利を活用して、コツコツとお金を返していくわけです。
つまり借りた分の金額を全て返済するのは通常と変わりませんが、金利を抑えて負担を減らそうという考えが大きなテーマなのです。

おまとめローンのメリットは他にもあります。
たとえば借入先が1つになることで、返済に掛かる手間が省けるようになります。
いくつものところから借入を行ってしまうと、返す期日や金額がバラバラでそれだけでもストレスになってしまうでしょう。
それが1社だけとなると細かな確認も不要になり、返済管理が楽になります。
そして債務整理の扱いにはならずしっかりと差別化がされていることも重要です。
自分自身への信用情報に悪い履歴を残さなくて済みますので、安心して利用ができるでしょう。

実は私も過去におまとめローンを利用し、借金を完済した過去があります。
当時私はギャンブルで借金を作ってしまい、合計4社から合わせて70万円ほどの借入をしていました。
金利は16%から18%で、自業自得とはいえ家計も火の車状態でした。
そんなときに金利14%の金融機関から70万円を借り、その4社分の返済を終えました。
再び同じ金額の借金を背負ってはしまったのですが、最大4%も金利が安くなったおかげで、それまでよりは出費を抑え生活への負担が軽減されたのです。
これには本当に助けられましたし、アイデアとしてもよくできているなと思いました。
このように僅か数%でもあっても金利の影響力は甚大なので、侮ることはできません。

ただし、おまとめローンのデメリットも当然ながらあります。
それは審査が厳しいという点です。
やはり複数社への完済に至るまでのまとまった金額を1社から借りることになりますから、金融機関としても慎重になるのは自然なことです。
それ以前に何か返済に関する悪い意味での実績などがあると、更に厳しい目で見定められる覚悟をしなければなりません。
この審査を通過できるかどうかが、何よりもの関門だと言ってもいいでしょう。

それから基本的におまとめローンで借りられるお金は、他社への返済用という前提で用意がされます。
これにより返済以外の目的で新たにそこから借入ができる可能性は極めて低く、また別にお金が必要になったときは困る場合があります。
今後も追加で借金をするかもしれないような状況のときには、利用はしない方がいいでしょう。
細かなルールについては各金融機関で説明を受けるのが確実です。

最後に、メリットとデメリットそれぞれを見ても分かるように、決して誰に対しても向いているというものではありません。
借入をしている本人の現状や将来と相談をして、利用していかなければなりません。
ですが金利が減ることで負担が軽減されるのは紛れもない事実です。
いざというときのために、今から注目しておくのも悪くはないでしょう。

«
»