ソフト闇金と闇金の違いはなに?

実際に闇金とソフト闇金は中身自体は違いません。
法律に貼んした行為で貸金を行っており、貸金業者としても登録されているわけではないからです。
ただ、ソフトと言うのが付いているかどうかで、実は違っている点があります。
その一つは取り立てです。
最初はそれ程厳しい取り立てをする事無く、さらに優しく相談にも乗ってくれる傾向となっています。
あくまでも最初はソフトな対応、それがソフト闇金です。

もう一つは金利です。
通常、闇金を利用する場合は高利での貸付となります。
勿論それは消費者金融等の上限金利よりもはるかに上になっており、ブラックリストに登録されている人でも利用する事が出来るという点を除けば、一度借りたら完済はかなり難しいと言えます。
しかしソフト闇金の場合は通常の闇金に比べると少しだけ金利が低めに設定されています。
だから少し利用しやすいのではないか、と利用者に思わせてしまうという仕組みになっているのも大きなポイントです。
ただ、どちらも利息制限法で定められた金利以上の金利が適用されてしまう為、放置しておくとドンドンと借金が増えて行ってしまいます。
元金と利息を返済する事が難しくなると、今度は金利分だけを払う事を認めてくれます。
そして、いつまでも金利分をずるずると払い続ける事になってしまうのです。

そんなソフト闇金ですが、闇金との違いは世の中に出て来た時期、と言う事も有ります。
勿論昔からあるのが闇金です。
ブラックリストに登録されている人でも利用する事が出来、さらに、一度連絡をすると知らない番号から自分の電話に電話がかかってくるようになる、借りる時は手軽に借りる事が出来ますが、返済が滞ると厳しい取り立てが待っている、というのが大きな特徴です。
ソフト闇金は近年でできた業者の一つで、まだそれ程歴史が深いわけでは有りません。
ただ基本的に小口の貸付をしてくれるようになっているので、急にお金が必要になった時にも利用しやすいという点があります。
またあくまでもソフトな対応となっているので、怖い、心配だと思わせないというのも大きな特徴です。
通常は小口の貸付をして短期的に回収するという事になっていますが、多くの場合は酢でに借金の支払で苦労している人たちばかりなので、金利分だけの支払が延々と続く、と言う事になってしまう場合も多く有ります。

また、その対応のソフトさから敢えて利用するという人もいるのがソフト闇金の特徴です。
現代社会では人間関係が希薄になっており、1日中誰とも話をしない、外出しないという人もいます。
高齢者等であれば独居老人も増えており、あまり他人と接する機会が無いという人も珍しくありません。
業者はあくまでも利用者の側に立っている様子を見せ、新味に対応してくれます。
高齢者が対象となっている場合は、敢えて自宅の方までお金を受け取りに来てくれるサービスを展開している場合もあります。
誰かに気にしてもらう事が出来る、優しくしてもらうという事が出来る点から利用する高齢者もいるのが実情です。

ただ、どちらに関しても行っている内容は同じで、基本的には対応がちょっと違い、少しだけ金利が違うというだけに過ぎません。
一度利用すればなかなかそこから抜け出す事が難しい場合もあり、さらに返済できないという事が分かるとその取立ても厳しくなって行きます。
ソフトが付いていようがいなかろうが、返済できない人、利益に繋がらない人に対しては次第に厳しい対応になって行くものです。
またソフトとなっていて最初は新味に相談に乗ってくれても、その後返済が難しくなると結局は闇金を紹介してくれる事も有り、見た目は違うけれど中身はほぼ同じというのが実際のところだと言っても過言ではありません。

«