闇金とは?

闇金とは何かと聞かれたら違法業者と答える方は多いことでしょうし、お金を借りると大変なことになると認識されているはずです。
今ではそれだけ悪の存在という認識が高まっており、お金に困っている人でも気を付けています。
しかしながら業者側も巧妙に魅力的な存在のように見せかけてくるのです。
例えば普通の金融機関ですと債務整理をした人や多重債務者の場合ですと融資を行ってくれませんが、ところがこうした業者の場合はそういった人への融資も可能と宣伝しています。
しかも違法業者ですから嘘も平気でついてきます。
暴利では誰も利用しませんから低利且つ無担保でもOKと誘惑をしてきます。
しかしながらそんな罠にはまってしまうと大変です。
低利など真っ赤な嘘で数日で何万円も利息が付くような契約ですし、無担保と言いつつも家族や会社などを巻き込み厳しい取り立てをしてくることもあります。
仮にちゃんと返済をしようにも適当な理由で期日までに返せないようにし、さらにお金を奪い取ろうとやりたい放題です。

周りの人間を巻き込むのが闇金の特に恐ろしいところと言えるでしょう。
お金を借りた当人からすれば自分自身にもある程度は責任を感じますから取り立てをされても仕方ない気持ちもあるものですが、ただ自分のせいで無関係の人に迷惑がかかってしまうのは辛いものです。
しかし債務者が辛い気持ちになるのが闇金の狙いでもあり、周りから攻めることでお金を用立てさせようとしてきます。
どのようにすれば返済能力のない人間からお金を絞り取ることができるのかをよく知っていますので、そうした自信もあって普通では融資を受けられない人に対してもお金を貸してくるのです。

ところで闇金というと消費者金融を連想される方も多いようです。
同列に認識されていることもあり、それゆえに大手の消費者金融でも危ないイメージを持っている人もいます。
しかしながら両者は大きく違っているのです。
消費者金融は貸金業に則りまともに営業しているところですので安全に利用することができます。
もちろん融資を受ければ借金ですし、返済で苦労する可能性もありますが、でも暴利ということもありません。
一方の闇金ですと法律を無視した営業をしていますのでまるで違う存在です。

基本的に闇金は利用してはいけない存在ですから注意されている方は多いと思いますが、しかし被害に遭うケースがあるのも事実です。そういった場合にはどのような対処をしていけば良いのでしょう。

まず真っ先に思い浮かべる方法と言えば警察に相談をすることではないでしょうか。
市民の味方になってくれる存在ですので何とかしてくれそうですが、ただ民事不介入の姿勢を持っていますので難しいことがあります。
借金問題は民事的なトラブルであり、事件性がないと警察は動いてくれないことがあるのです。
しかしながら違法業者を相手にした問題ですので何かしらの対応をしてもらえる可能性も高く、時にはその場で業者に連絡を入れてくることもあります。
ですから相談をしてみる価値はあると言えるでしょう。
なお、警察に相談をする際には業者の電話番号や借入額などを整理しておくと話もスムーズに進みます。

警察では解決まで行かない時の対処法もありますが、それは弁護士や司法書士への相談をすることです。
違法業者にはやはり法律が強力な武器となりますので、法律家は頼りになります。
例えば取り立てを受けて困っている時にも介入通知を出してもらうことでピタッと止めさせることもできます。
また返済をしなくても良くなるように手続きもしてくれますので解決に近づけるはずです。
お金がなくても相談に乗ってくれるところもありますので、相談費用がない場合でも頼りにすることができます。

»