ソフト闇金とは?

ソフト闇金とは、近年横行している違法の貸付業者のことです。

その主なターゲットは、ごく普通の主婦です。
しかも、暮らしぶりが困窮しているような方というよりは、平均的な世帯の主婦が被害に遭いやすい傾向にあります。
特に、専業主婦は、普通の金融会社では収入が無いので審査に通らないことが多く、そういった層を狙っているのです。
生活費が今月は少し足りないけれど、夫に金銭のことは相談しにくい。
だとか、夫に内緒で買い物やギャンブルなどをして、資金繰りに困った。
子供の習い事や塾の月謝がかさんで家計を圧迫しているが、子供の将来のためなので、辞めさせる決心ができない。ママ友との付き合いで見栄を張りたいが、資金がない。
などの、主婦のもろもろの金銭的悩みに付け込んでくるのです。

名前に「ソフト」と付いているので、闇金にしては違法性が低いとか、被害額が少ないとか勘違いしてしまいがちですが、決してそんなことはありません。
寧ろ、その逆と言っても過言ではありません。

では、どうして「ソフト」なのかというと、大変手軽で、すぐに手を出してしまいやすいからなのです。
スマートフォンをいじっていれば、ソフト闇金と思われる広告がたくさん出てきます。
そのポップには、大手金融会社よりも金利手数料が安いだとか、初回30日は金利0円とか、審査なしなど、甘い誘い文句が踊っています。
それらの広告では、手軽さや、少額からの貸付を強調して謳っていて、いかにも「ソフト」なキャッシングであるように錯覚させてしまいます。
しかし、キャッシングに手軽なものなどありません。
タダほど高いものは無し、まさにこれです。

手続きは、スマートフォンから簡単にできてしまいます。
しかし、スマートフォンを使うと、個人情報が簡単に筒抜けになってしまうということを、決して忘れてはいけません。
ワンクリックで、あなたの個人情報が丸裸です。

もう一つ、「ソフト」が使われる理由があります。
それは、従来の闇金業者のように、脅しや威圧を多用して、利用者から金を巻き上げるスタイルでは無いことです。
業者は、最初、大変「ソフト」な態度で利用者と接するのです。
被害者の方によると、まるでホストクラブのように、利用者の外見を褒め倒すのだそうです。
また、「一生懸命家族のために頑張っているね」だとか、「返済できるように一緒に頑張っていこうね」とか、「声がかすれてるけど、風邪でもひいたの?心配だな」など、優しい言葉で利用者の心をくすぐってきます。
普段、夫や子供から、優しい言葉一つかけられないような主婦は、この言葉攻めにやられてしまうといいます。
このようなやり取りを繰り返すうちに、利用者は相手が闇金業者であるという意識をすっかり希薄にしてしまうのです。
中には、優しい言葉欲しさに、不必要なキャッシングを繰り返したり、ずるずると返済を続けてしまう人もいます。
しかし、そうこうしているうちに、雪だるま式にどんどん借金が膨れ上がっているのです。

気づいたときには、とんでもない額になっている借金を、返せないとなったときに、「ソフト闇金」のソフトの化けの皮が剝がされます。
今までの態度を一変させ、闇金ならではの鬼のような取り立てを始めるのです。
主婦自身から金の取り立てができないと判断されれば、夫の会社や、子供の学校、親の家などにも取り立てに来ます。

弁護士や警察に相談しても、ソフト闇金業者は捕まえることが非常に困難です。
なぜかというと、業務は利用者が特定できない携帯電話番号を利用して活動しており、雲行きが怪しくなれば簡単に行方をくらませられるようにしているからです。
違法金利に気づいて被害届を出しても、泣き寝入りするほかありません。

ソフト闇金には決して関わってはいけません。そのためにも、何でも相談できる良好な夫婦関係を築きましょう。

«
»