闇金の取立て

お金を借りる場合には様々な業者があります。
一般的には金融機関での貸し借りが多くなりますが、金融機関は割と敷居が高いのが特徴です。
特にメガバンクや都市銀行に関しては、一定の身分がないとなかなか貸してくれません。
そこで地方銀行や信用金庫など比較的金融機関の中では審査が通りやすいところにお願いをしてお金を借りることになります。

ですが、信用金庫や地方銀行といえども、そう簡単に貸してはくれません。
やはり債務不履行になった時に問題があるので貸し渋りをしているのが現状です。
本格的に借りやすい世の中になるためには、景気が回復しないとどうすることもできないないでしょう。
当然個人の力ではどうすることもできません。
そこでより審査が緩い消費者金融などでお金を借りることになります。
あるいはカードローンでお金を借りる方法もなくはありません。
ですがこれらからお金を借りたとしても、審査があまり厳しくない分、年利が高くなってしまいます。年利は借りる金額にもよりますが10パーセントから18パーセント位です。
借りる金額が高ければ高いほど年利は低くなりますが、それだけ審査が厳しくなります。
結局は、良い条件で楽に借りられる方法はまずないと思ったほうがいいでしょう。

消費者金融やカードローンでお金を借りた場合、返すことができない場合もあります。
例えば、ギャンブルなどでお金を使ってしまった場合です。
あるいは返済計画が無茶苦茶で返済することができないことも考えられます。
普通はこのような事はないように思われますが、100人に1人位はどうしても返済することができない人もいるのです。
たまたま返済に遅れただけであればそれほど問題ありませんが、あまりひどい場合には取立てを受けることがあります。
例えば、3ヶ月以上滞納してしまうと、いくら闇金などではなくても取立てに来ることも考えられます。
普通は他の業者に借りても結局借金が溜まるだけですのでどうにもなりませんが、中には他の業者に借りて借金返済のために借金をする人も珍しくありません。
いわゆる自転車操業と言うやつで、単にお金を右から左に流しているだけです。
この場合の問題点は、実に借金だけが増えていくことです。
例えばギャンブルで大当たりをしたり、相続財産をもらったり、宝くじで当たった場合でないと返済をすることができないのです。
しかも他の業者から借りるといっても限度があります。
現在借りている情報を見る事は簡単で、他社から複数の借金があることがわかれば、いくら審査が緩い消費者金融であっても、審査に通す事はないでしょう。

そこで、最後の手段として闇金からお金を借りる方法があります。
この方法は、なぜ最後の手段かと言えば、お金を貸してくれるところがそこ以外にないからです。
ですが、一度お金を借りてしまうと、非常に短期間で返済期間が組まれており、すぐに返済することができなくなります。
非常に高い金利になりますので、普通に働いていても返済することは不可能です。
期限までに返済できなければ自宅に借金取りが取り立てをしに行きます。
半分嫌がらせで行っていますので、夜の静かな時間に大声で叫んだりドアを蹴飛ばしたり迷惑行為を行うのが特徴です。
それだけではありません。
電話等でも激しい口調取り立てをします。
自宅の電話だけであれば大して問題はありませんが、最悪な場合は勤めている会社にまで電話をしてきて嫌がらせをします。
このように、様々な手段を使って悪行を行います。
これを防ぐためには借りないことが1番ですが、万が一借りてしまった場合は、弁護士などに相談するのが良いでしょう。
弁護士に相談すればもともとこの金銭貸借自体が違法になりますので、今までの借金をチャラになります。

«
»