闇金の相談はどこにすればいいの?

闇金の被害に遭った時、相談先は弁護士や司法書士がよいです。
というよりも、弁護士や司法書士でないと解決できる可能性が低いと言ったほうが正しいかもしれません。

闇金は違法業者ですので、警察に被害届を出すことができます。
可能性は低いですが、警察に相談をしたら解決をするというケースもあります。
特に暴力などの被害に遭っていないのに、被害届を出すことができるのかという疑問を持つ人もいるかもしれません。
闇金は国や都道府県知事に登録をせずに営業をしている業者となりますので、その存在自体が違法です。
また、利息制限法や出資法の上限をはるかに超える利息を設定していますので、その意味でも違法です。

しかし、違法業者の多くは、携帯番号だけで営業をしていますので、警察が動いてもなかなか捕まりません。
携帯番号は偽装がしやすく、違法業者の多くは他人の住所・氏名を使って携帯電話を契約をしています。
本格的に捜査をしたとしても、逮捕まで至らないことも多いです。
また、都心の警察は忙しいので、被害額が少額のケースでは本格的に動いてくれないケースも多いでしょう。

消費生活センターに相談をするという選択肢もあります。
消費生活センターの担当者に話を聞いてもらうことで、安心が得られるかもしれません。
しかし、消費生活センターではあらゆる相談を受け付けていますが、特定の分野の専門家が対応してくれるわけではないというデメリットもあります。
最終的には、「弁護士に依頼をしてください」などと言われてしまう可能性が高いです。

お金がない人は、法テラスを利用できます。
一定の収入条件を満たしていれば、同じ案件で3回まで無料相談が受けられます。
しかし、法テラスは手続きに時間がかかるということが難点となるでしょう。
闇金問題は放置していると、家族や職場にまで嫌がらせの被害が拡大してしまいますので、法テラスの手続きを待っている時間はないかもしれません。

やはり一番おすすめなのは、闇金問題に強い弁護士や司法書士に依頼をするということです。
経験が豊富で実績のある法律事務所を選ぶことが重要です。
法律事務所の中には、離婚問題を専門に扱っている事務所や、交通事故問題を専門に扱っている事務所など、特定の分野の依頼しか受けないところもあります。
債務整理に強い法律事務所は、同じ借金問題を扱っていますが、違法業者からの借り入れがある場合には、依頼を断られることもあります。
公式ホームページに「闇金問題に対応しています」などと書かれている法律事務所を選ぶことが大切です。

そういった法律事務所では、相談料は基本的には無料です。
正式に依頼をした場合でも、成功報酬型となっていることが多く、1件あたり2万円~4万円程度と、任意整理を依頼したケースよりも安い料金で解決をしてもらえます。
法律事務所によって料金は異なるので、必ず確認をしておきましょう。

力の強い弁護士や司法書士なら、電話一本で解決をしてくれて、その日のうちに取立てが止まることもあります。
違法な業者は警察に捕まらないためのノウハウを持っているので、なかなか捕まりませんが、力の強い法律家が本格的に動くと、営業ができなくなるので、あっさりと手を引くこともあります。

違法業者との契約は無効なので、利息はいっさい支払う必要はありません。
しかし、それまで支払った利息については、必ず戻ってくるというわけではありません。
お店をたたんで逃げてしまっていると、住所や氏名がわからないので、裁判をすることもできません。
支払ったお金は戻ってこないものと考えて、なるべくお金は支払わないようにしましょう。
早い段階で専門家の力を借りることが重要です。

«
»